ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポルトガル人アーティスト2人による、ドキュメント映画「TRACES OF A DIARY – 日記をたどる」の3日間限りの特別上映会、開催。

DATE:
  • ガジェット通信を≫


shashashaとtwelvebooksより、ポルトガル人アーティストのアンドレ・プリンシペ(André Principe)とマルコ・マルティンス(Marco Martins)のドキュメント映画「TRACES OF A DIARY – 日記をたどる」の3日間限りの特別上映会を開催。ポルトガルよりアンドレ・プリンシペが来日する。
本作は、森山大道、荒木経惟、中平卓馬、ヒロミックス、梶井松陰、吉行耕平といった6名の日本人写真家の日常を約1年半かけて追って制作された記録映像作品。会場では映画上映の他、本作の撮影時にアンドレ・プリンシペによって撮りためたものから作られた写真集「TOKYO DIARIES」(Pierre von Kleist editions) や、その他出演作家の関連書籍の販売を行う。







[作品詳細]
「TRACES OF A DIARY – 日記をたどる」
監督:アンドレ・プリンシペ(André Principe)& マルコ・マルティンス(Marco Martins)
出演: 森山大道 / 荒木経惟 / 中平卓馬 / ヒロミックス / 梶井松陰 / 吉行耕平 / ジェリー・バッジャー(Gerry Badger) 字幕:英語
2010 年 / 74 分 / モノクロ / DVD 上映 / Pierre von Kleist editions
トレーラー:https://vimeo.com/79770052
– © André Príncipe

 

[上映会概要]
EVENT |「TRACES OF A DIARY – 日記を辿る」特別上映会
会期:6月29日(水) – 7月1日(金)
時間:19:00 – 20:30 / 開場:18:30
場所:VACANT 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-13 2F
料金:当日 1,200円 / 前売り 1,000円
定員:各回100名
主催:shashasha / twelvebooks
協賛:ポルトガル大使館 / タカ・イシイギャラリー
後援:日本芸術写真協会(FAPA)/ Pierre von Kleist editions
▶前売りチケット予約:http://bit.ly/21jpZ3d
※当日チケットは前売チケットの残数がある場合にのみ販売します。

 

[関連イベント概要]

ペドロ・コスタ & ルイ・シャフェス作品集「Familia Aeminium」(Pierre von Kleist editions)
刊行記念トーク & サイン会
日時:6月30日(木) 21:00 – 22:00
場所:VACANT
※「Traces of a Diary」上映終了後、そのまま同会場でのイベント開催となります。
※本イベントは参加無料となります。トーク & サイン会のみの参加も可能です。

 

■アンドレ・プリンシペ(André Principe)
ポルトガル人フォトグラファー。1976年、ポルト生まれ。現在はリスボンを拠点に活動する。同じポルトガル人フォトグラファーのジョゼ・ペドロ・コルテス(Jose Pedro Cortes)と共に出版社「Pierre von Kleist editions」を主宰。自身の写 真集のほとんどを同出版社から発行している。出版社を立ち上げるまでは心理学と映像を学ぶ。2004年から定期的に作 品発表を続け、これまでにポルトガルでの個展の他にウィーンやリオデジャネイロ、マドリッド、バルセロナ、ロンド ンなどで展示を行う。今回の映像作品の制作時に撮りためた写真で構成される写真集「TOKYO DIARIES」を自身の出版社 から発行。

■マルコ・マルティンス(Marco Martins)
ポルトガル人映画監督。1972年、リスボン生まれ。1994年に映像学校を卒業した後、アメリカ人映画監督のウェス・アンダーソンやポルトガル人映画監督のマノエル・ド・オリヴェイラ、フランス人映画監督のベルトラン・タヴェルニエら の元でインターンシップを経験した後、ポルトガル人映画監督のジョアン・カニージョの元でアシスタント・ディレク ターを2年間務める。2005年に発表した長編映画「Alice」がカンヌ国際映画祭の監督週間に出品され、最優秀作品賞を受賞。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP