ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんが「パパも一緒に」と望んだかのよう…予期せず叶った立ち会い出産

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元々主人は立ち会いを断固拒否していました。

私はというと…立ち会い出産経験のある友達たちに、当時の感想をいろいろ聞いてみても、立ち合いを希望するかしないか、はっきりとした意思が持てませんでした。

初産で、自分にどんな痛みがくるかが全くわからなかったからです。

だから主人の意思を尊重して、そこはどうするかお任せしようと思っていました。

とはいえ、苦しい思いをするのだから、間近でそれを見てほしいとも秘かに思ってはいましたが。 関連記事:夫婦ともに、直前まで拒否していた立ち会い出産

早朝の出血から始まった私のお産。

出血がわかってすぐ病院に行き、陣痛も始まっていたので即入院に。

しかし夕方近くまでは、わりとまだ痛みに余裕のある陣痛でした。

平日ということもあり、主人は仕事に行き、その間は実母や姉が病院に来てくれていました。

そして夕方から痛みは本格的なものに変わり、耐え難い痛みに…。

初産だし今日中に生まれるとは思わず、一晩この痛みに一人で耐えれそうにないと思った私は、主人に病院に泊まってもらうようLINEでお願いしておきました。

20時半になって、陣痛室に行くことになり、最初は実母や義母が付き添って腰などをさすってくれていましたが…面会時間は21時まで。

その時主人が病院に到着したので、付き添いをバトンタッチ。

母たちはいったん帰宅し、病院に残ったのは主人のみ。

陣痛室に入って子宮口の開き(この時4cm)をみた先生には「明朝だろう」と言われていたお産が、不思議なことに主人が来てから一気に進みました。

一時間後には「分娩室に移りましょう」と言われ、移動しても悶絶級な痛みに耐えていると、主人は「俺、立ち合うことになってない?」と言うのです。

しかしすでにこの時の私には、明確な意思が持てていました。

ひとりでこの痛みに耐えるなんて絶対無理だ!と。

なのでそれを主人に伝え、そのまま立ち合ってもらうことに。

さすがにそんな姿を見た主人も、立ち合うことを受け入れてくれました。

口数の少ない主人ですが、ただ腰に手を当ててもらっているだけでも、私の気持ちは違うものでした。

とても心強く思えたのです。

まるで我が子が家族三人でのお産を希望していたかのように、その後は一気に子宮口が開き、あっという間の全開に。

分娩室に入ってからおよそ1時間後に、元気な産声を聞かせてくれたのです!

明朝だと言われていたのに、娘が誕生したのは22時52分。

初産なのに、かなりの安産だったと思います。

そしてこの一生に一度の尊い瞬間を、主人に見てもらえて、支えてもらえて、本当に良かったと心から思い、その夜は感無量でした。

疲れていたはずなのに、一睡もできませんでした。

そしてもし二人目を授かることができたら、絶対にまた立ち合ってもらいたいと思うほどの、貴重な夫婦の時間になりました。 関連記事:3人目でやっと叶った立ち会い出産。一緒に頑張ってくれた夫からの「ありがとう」

娘がきっと、そうさせてくれたのだと思います。

家族三人で頑張ろうと言ってくれた気がしてなりません。

もし昼間に陣痛が進んで誕生していたら確実に、立ち合ったのは主人ではなく実母や姉だったと思うのです。

ちなみに主人にその後、立ち合いの感想を聞いてみたら「一生に一度でいい」と言っていました、笑。

見るのもつらい部分があったのだろうと思いますが、もちろん大変感動もしていました。

あの瞬間を見ていないと湧き出ない感情があったと思います。

産後は里帰りをせず自宅に帰ったので、主人は本当に生まれた瞬間から産後も毎日娘と一緒に過ごせています。

それも愛情(父性?)の芽生えが早かったことのひとつで、良かったなぁと思っています。

著者:nk

36歳の初の出産経験。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

3歳の長男も立ち会った出産でまさかのトラブル発生!絶叫と笑いと感動のドタバタ出産劇
助産師さんにもほめられた!一緒になって出産を乗り越えてくれた夫に感謝
念願の立会い出産

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP