ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉田羊 ホロスコープ的には「美容皮膚科医がハマり役」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西洋占星術とタロットカードを使った独自の占いで人気の占い師・キャメレオン竹田が、旬な有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は、女優の吉田羊を占っていただきました。

【プロフィール】
吉田羊(よしだよう)
生年月日:2月3日
出生地:福岡県久留米市

 大学生のときに舞台デビュー。小劇場を中心に活動した後、2007年頃からテレビや映画に進出。2014年放送の『HERO』(フジテレビ系)に出演しブレイク。バラエティー番組やコント番組にも出演する。

 * * *
──今回は、女優の吉田羊さんを占っていただきたいと思います。

竹田:吉田さんは、ホロスコープ的には、すごく自立した女性で、性格的にもさっぱりしています。誰とでも平等に接するタイプですね。男性相手だろうが女性相手だろうが態度が変わることもないし、年齢で人を見ることもないと思います。

 そして、個性が強めだと思います。自己主張が強いといったほうがいいかもしれないですね。あとは、好奇心旺盛でいろいろなものにどんどんチャレンジしていくタイプ。コミュニケーションも上手でノリもすごくいいと思います。女優には向いていそうですね。

──女優としては、どちらかというと大器晩成型というか、テレビや映画の世界でブレイクしたのは40代になってからなんですよね。

竹田:むしろ、これからのほうがもっともっと仕事運は良くなっていきそうですね。ここから3年後くらいからさらに良くなる時期に入っていくと思います。今後、大女優になっていくかもしれないですよ。

──やはり完全に大器晩成型なんですね。そして、気になるのが恋愛運です、

竹田:普通の人間関係ではさっぱりしているんですが、これが恋愛になるとまったく逆になるのが吉田さんですね。好きな人とはすごくベタベタするタイプだと思います。

──ちなみに、どんな男性と恋愛になりやすいのでしょうか?

竹田:好きになりやすいタイプは「素材がいい人」ですかね。

──イケメンということですか?

竹田:はっきり言うとそうなります。でも、年齢は関係ないですね。年上でも年下でも、恋愛ができると思います。

──吉田羊といえば、先日Hey! Say! JUMPの中島裕翔との熱愛報道がありました。20歳も年下の相手なんですよね…。

竹田:20歳差でも関係ないと思いますよ。歳の差があっても、全然問題なく恋愛ができるタイプです。

──ちなみに、中島裕翔との相性は?

竹田:悪くないと思います。でも、長く一緒にいるといろいろとズレが出てきそうですね。吉田さんは好奇心旺盛なので、どんどん外に視線を向けていくんですが、中島さんはどちらかというとずっと一緒にいたいタイプなんですよ。甘えん坊というか。なので、中島さんは吉田さんを独占できずに寂しくなっちゃう…っていう展開になりそうですね。

──では、今後のお仕事なんですが、「こんな役をやるとハマるのでは?」という役はありますか?

竹田:「先生」と呼ばれる役が良さそうですね。学校の先生か、もしくはお医者さん。お医者さんだったら、歯科医か皮膚科の役がいいと思います。

──ピンポイントですね。

竹田:ホロスコープ的に見ると、美容系のお医者さんの役がすごくいいと出ているんですよ。見た目を美しくするようなお医者さんということで、歯科医や皮膚科、美容外科なんかも役もハマりそうです。たとえば、美容皮膚科の女医が主人公で、事件を解決していくシリーズモノのドラマなどで主演すれば、ずっと続いていく人気シリーズになるかもしれないですね。

 * * *
 大器晩成型と言われる吉田羊だが、ホロスコープ的にはこれからもっと仕事運がアップするとのこと。遅咲きの女優は、最終的に大女優へとなっていきそうだ。

【プロフィール】
キャメレオン竹田/占術は西洋占星術とタロットカードで現在の鑑定予約は困難。テレビ・ラジオ出演、雑誌など複数のメディアで活躍する傍ら、インターネットでは、占星術・タロットや開運法を教える「キャメサロン」を運営。会員制ながら人気が集まり、人数制限をかけるほどの大盛況サイトとなっている。
キャメサロン:https://synapse.am/contents/monthly/chamereontakeda

【関連記事】
吉田羊が小松菜奈のことを「こんなかわいい妹がいたら幸せ」
納豆クイーンの吉田羊 巨大化した「ねば~る君」にビックリ
吉田鋼太郎 元宝塚女優と結婚間近も別の女優に猛アプローチ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP