ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堂本剛 後輩に「やりたいことないならジャニーズ辞めた方が…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ソロ活動を始めて12年目の堂本剛(37才)。自ら作詞作曲を手掛け、愛や命をテーマに歌い続けてきた剛は、売れる曲ではなく自分に嘘をつかない曲を作り続けてきた。

 デビュー当時、「アイドルはメッセージソングではなくラブソングを書くべきだ」と怒られながらも、自身の信念に沿った活動を続けていくことで理解を徐々に得られるようになった。今回リリースしたミニアルバムのタイトルは『Grateful Rebirth』。

「“生まれ変わる”ってことなんだけど、純粋無垢だった本来の自分に生まれ変わりたくて。これが大事だって本当に思うのなら腹くくらなきゃって、メッセージを込めました。

 ぼくは奈良生まれなんですが、土地に根付いている小さな頃からの感覚みたいなものがあります。東京では感じられない感覚を大切にしてきました。そのスタンスに変わりはないのですが、ここ何年かは頭で考えたり、経験からイエスかノーを出すものより、自分がまだ経験していないことも含めて、想像して書いた方が楽しいのかなって思えるようになりました」

 ジャニーズということでアイドルと判断され、アイドル差別、ジャニーズ差別を受けていた時代もあったという。剛自身が書いた曲も「お前が書くわけない」と頭ごなしに決めつけられたこともあった。だが、続けていくうち、一緒にやってもいいよって言ってくれる人が現れ、今も残ってくれているという。

 思いや本音が凝縮された独自の世界観は、剛自身が『説法』と称するほど。最近ではその『説法』が聞きたいという10代のファンが増えた。

「すごく相談に乗る機会が多いんです。ラジオに来る相談事メールも多く、できるだけ変わった論点で答えてあげようと思います。いろんな人の価値観もわかり、ぼく自身の気づきにもなるし。毎日楽しく平和に過ごすのもいいと思いますが、平和=停止ともとらえられる。たった1回の人生、同じ場所にいては景色は変わらない。目の前に大きな岩が立ちはだかったとしても、自分の立ち位置をずらせば景色は変わると思うんです。違うエリアには違う出会いもあるはずだから。

 こういう話をラジオでもしていたら10代のファンがすごく増えました(笑い)。説法めいた話にめちゃめちゃ共感してくれるんですよ。40~50代の人たちからすると扱いにくそうな人やなってそういう印象をもたれがちだけどね! ぼくのファンはスピリッツ入りみたいですよ」

 説法を聞きたいのはファンだけではだけではない。A.B.C−Z、ジャニーズのふぉ~ゆ~、They武道、ジェシーなど、事務所の後輩たちも剛の言葉を求めてやってくるのだそう。

「やりたいことがあってジャニーズにいるならいいけど、ないのならジャニーズを辞めた方がいいと思う。どうすれば剛くんみたいになれますか? と聞かれますが、ぼくはたまたまラッキーだったと思ってます。そんな彼らに必ず“ファンの人を大切に愛しなさい”って言っています。そこが全てだと思うので。ぼくの力で現実を動かすことはできないけれど、心の中に根付くような、エネルギーになるような言葉を伝えられればと」

 差別や批判で傷つきながらも前を向き続けてこられたのは“ジャニーズ”であったからこそだという。

「ジャニーさんの思いをアーティスト1人1人は考えて、その延長線上に自分がいるってことを、そして自分がどこにいるのかを見失ってはいけないと思う。ジャニーズの中でできることっていっぱいあるんですよ。その中で模索し続けたい。そして悩んでいる人を1人でも多く救えればと思います」

 剛の『説法』は、年を重ね、年輪を重ねるごとに、その深みを増していた。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
『同電』『受け』『担降り』など ジャニーズJr.用語を解説
ジャニーズJr.京本大我 今の僕がいるのは滝沢くんのおかげ
ジャニーズ年越し公演 フジTV生中継中止でファンの嘆きの声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP