体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【第7講】友達の作り方を教えてください!ロンブー淳が実際にやっていた、人見知り克服法。

2016年3月29日、幕張メッセにて、体験型ティーンズフェス「超十代」が開催されました。様々なコーナーやイベントが催される中、ひときわ人気を博していたのが、ロンドンブーツ1号2号のメンバー・田村淳さん(以下、淳)によって開講された「あつし塾」。学校では教えてもらいえない、〝大人になるために大切な物事〟を伝える私塾です。生徒役として登壇した、鶴嶋乃愛さん、中川可菜さん、池田美優(以下、みちょぱ)さんを交え、コミュニケーションについて熱い講義が行われました。その模様を一部お届けいたします! 第7講 コミュニケーション

先生:田村淳

生徒:鶴嶋乃愛中川可菜池田美優

ドウデモイイ質問を用意しておくことが、友達になるための第一歩。

乃愛:次に中学校3年生になるんですが、クラス替えがあるので、新しい友達の作り方、話しかけ方を教えてください。

淳:どうでも良い会話から入るしかないですね。僕はいつも「ドウモデイイ質問」を用意しています。メモ帳に書いておいていいからさ(笑)。好きな色とか、食べ物とか、お肉とかね。どうでも良いでしょう?(笑)。初めて会った人に好きな肉の種類を訊いたって何も建設的な話にはならないけれど、仲良くなるためのとっかかりとしては重要。

「ちなみに好きな肉は?」

乃愛:「牛タンです」

淳:「なんで牛タンがいいの? ハラミじゃなくて?」

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy