ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平流出危機に「今さら米で成功しても新鮮味ない」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平のメジャー移籍が現実味を帯びてきた。投げて良し、打って良しの大谷が世界最高峰のメジャーで活躍すれば、大谷ファンならずとも嬉しいものだが、日本プロ野球界の空洞化はさらに進む。しかし、これだけの大スターを“流出”させていいものか。日ハムファンはもちろん、他球団のファンからもメジャー移籍を嘆く声が聞こえてくる。

「すでに多くの日本人選手がメジャーで活躍している。いまさらメジャーで成功しても新鮮味がない。それよりも、日本で二刀流を極めてほしい」(日ハムファン)

「交流戦で、我が巨人打線が大谷の豪速球の前に凡打の山を築く様は、敵ながら興奮してしまった。もっと見たい」(巨人ファン)

「松坂大輔や藤川球児ら日本のスターがメジャーで壊されて、いま日本で苦しんでいる。彼らの二の舞いにはさせたくない」(西武ファン)

 移籍に「待った」をかけたいのは、ファンだけではない。2020年の東京五輪に野球が正式種目として復活すれば、国民は当然金メダルを期待する。だが、MLBは現状五輪に選手を派遣しない方針だ。田中将大(ヤンキース)もダルビッシュ有(レンジャーズ)も不出場の可能性が高く、その上、大谷も出ないとなれば、ファンは大いに失望するだろう。さらに、日ハムには、こんな秘めた思いもある。

「五輪からもう3年待ってほしい。日ハムは、2023年頃をメドに札幌に新球場を建設する予定です。大谷には、そのこけら落としのマウンドに立ってほしい」(日ハム関係者)

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
大谷翔平MLB流出阻止に江本氏「国民栄誉賞か人間国宝に」
大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声
阪神・藤浪 グラウンドの出入りに深々と礼をする真摯な姿勢

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP