ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スパイスはおいしく食べ体力を落とさない理想的ダイエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ダイエット料理レシピも多く手掛ける金丸絵里加さんは、食欲が衰える夏のダイエットこそ“スパイス使い”という。

「生活や食材に制限のあるダイエットは、疲れやストレスから活動量が減り、エネルギー消費が減ることで逆効果になることも。特に胃腸が弱りやすいこれからの季節は、栄養バランスよく食べて、しっかり活動することが大切です。

 スパイスには脂肪燃焼、代謝アップ、デトックスなどの効果があり、さらにインパクトのある風味が料理をグレードアップ。おいしく食べながら体力を落とさずに“体スッキリ”も得られる理想的なダイエットです」(金丸さん)

 紀元前のエジプトにも登場するスパイスは、現在でも世界中で200~300種類以上が使われている。世界のスパイスを日本の家庭料理にも活かす術を発信す る大平美弥さんは、日本の料理に合わせやすいものは意外に多いという。初心者にも使いやすく、ダイエット効果が期待できる10種を挙げ、まずは好みのスパ イス1~2種類を普段使いすることをアドバイスする。

「たとえばきんぴらや野菜炒めにクミン、焼肉の漬けダレにナツメグ、市販のルーを使ったカレーの仕上げにコリアン ダー、オムレツや、レンコン炒めの色づけにターメリックをと、チョイ足しするだけで、いつもの料理がちょっとエスニック風になり、ワンランク上の料理に変 身します。

 パウダータイプなら、料理にふり入れるだけですぐに使えるのでおすすめ。難しく考えず、まずはスパイスの魅力を気軽に体験してみてください」(大平さん)

 オススメのスパイスとその効果は以下の通り。

●ターメリック
 うこんの根茎。肝機能を上げてコレステロールや中性脂肪を減らす。強力な抗酸化力で美肌効果、認知症予防効果も話題。

●レッドペッパー
 赤とうがらしの実で強い辛味。別名チリペッパー。カイエンペッパーは別種。体温を上げ、代謝を促進し脂肪燃焼を助ける。

●ブラックペッパー
 こしょうの実。血行をよくして体を温め、消化吸収を高めて代謝をアップ。ホワイトペッパーは黒い外皮を除いたもの。

●ナツメグ
 ニクズクの種子の中身。独特の甘い芳香があり、肉の臭み消しやスイーツにも使われる。整腸作用、体を温める作用も。

●ガーリック
 にんにくのりん茎。健胃、整腸作用、代謝を活発にして脂肪燃焼を促す。悪玉コレステロールを減らし、善玉を増やす。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
実は逆効果か 糖質制限、単品だけ食べダイエットの落とし穴
カイロ貼ると基礎代謝が12%アップ ダイエットや美肌効果も
人気のジュースダイエット 長期間摂取する危険性指摘される

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。