ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【みんなの疑問】去年の日焼け止め、使っても大丈夫だよね……?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本格的に日焼け止めが必要な季節になってきました。そこで毎年思うのが、去年残った日焼け止めを使っても大丈夫かな? ということ。この疑問について調べてみました。

日焼け止め、余ってませんか?

毎日の通勤通学や、前もってお出かけがスケジュールにあって準備している時はよいのですが、出かけてから強い日差しに焦って日焼け止めを買うこともありますよね。普段は日焼け防止効果が低めのものを使っていて、海水浴やお出かけ用にSPFが高めの日焼け止めを買うことも。でもそれって秋までに使い切れず残ることがありませんか? 下手すると2年目に突入なんてことも。

劣化した成分がお肌に悪影響を

日焼け止めにも使用期限があります。使用期限を越えてしまうと防腐剤の効果が半減し、品質が変わり雑菌が増える可能性が。当然それを肌に塗ると日焼け防止効果が薄れるばかりではなく、肌荒れや湿疹などのトラブルが考えられます。去年のものを使うときには臭いや分離がないかよく確かめて。日焼け止めのタイプによって使用期限は異なるので注意が必要。

○ジェルや乳液タイプ
未開封は3年、開封後は1年以内に使い切るのが理想です。
○スプレータイプ
未開封、開封後に関わらず3年以内なら使用可能です。
○無添加の日焼け止め
敏感肌用などの防腐剤・殺菌剤を含まない無添加の場合、未開封でも1年、開封後は半年以内に使用。使用期限が表示してあるものはそれに従ってください。

余った日焼け止めの使い方

とはいえ、大量に余ってしまった日焼け止めを捨てるのももったいない……。ならば再利用してみましょう。クリームやミルク、オイル系の日焼け止めは、シルバーなどの金属製品を磨くとサビやくすみが取れてピカピカになります。また、油性ペンの汚れに馴染ませて拭き取ればキレイに取れますよ。ステッカーやシールのノリはがしにも使えますし、ハサミの刃の両面に塗って何度か開閉し拭き取れば、ベタベタが取れて切れ味復活。

これで毎年日焼け止めを手に取って悩むこともなくなりますね! 透明タイプやスプレータイプの日焼け止めは、肌以外の日焼け(本や家具)にも使えるそうです。ただし、見えないところで試してからにしてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP