ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人もワクワク!おすすめ工場見学スポット【愛知編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビやあまたの雑誌で人気の工場見学。

昔はツアーでしか行けなかったものが、個人でも行けるようになり、おでかけへのハードルがぐっと下がりました。

今回はそんな工場見学の中でも、製造業のさかんな愛知県の工場見学をピックアップ!

世界のトヨタ、愛知の定番赤味噌、有名なノリタケの食器などのメジャーなものから、伝統工芸品からお豆腐まで…。

見て、食べて、作って、買って…。

これだけでおでかけの幅が楽しみますよ!

予約がいるところもあるので事前にしっかりチェックして旅の予定を組んでみてください!

INAXライブミュージアム(PART OF LIXIL)【愛知県常滑市】

大正時代の窯や煙突が残る異空間へタイムスリップ。

「窯のある広場・資料館」の両面焚倒焔式角窯(りょうめんだきとうえんしきかくがま)は国の有形文化財。焼きものの塩釉で飴色に光る窯の内側を見られる

大正時代に土管などを焼いていた窯や高さ21mもある煙突のある広場&資料館、貴重なタイル展示が見ものの博物館など、全6館からなるミュージアム。なかでもモノ作り体験が楽しめる工房が人気。オリジナルグッズやモザイクタイルの手作りキットを販売するショップも楽しみのひとつです。

世界のタイル博物館

日本で唯一の装飾タイル博物館。4650年前にピラミッドで使用された世界最古のタイルをはじめ、約1000点を展示する

目からウロコ!

イスラームの寺院や宮殿に見られるドーム天井を再現。天井から降り注ぐ光によってタイルの表情が変化します!

土・どろんこ館

光るどろだんごづくり1個800円が体験できる。丸めた焼きもの用の粘土を削り、好みの色を付けてツヤがでるまで磨こう

開催は平日13時~、土日祝は10時~、13時~、15時~(予約制)

陶楽工房

体験はモザイクアートなどの「講座メニュー(予約制)」と、タイルでフォトフレームやクリップを飾る「自由時間(予約不要)」がある INAXライブミュージアム(PART OF LIXIL)

TEL/0569-34-8282

住所/愛知県常滑市奥栄町1-130

営業時間/10時~17時(最終入館16時30分)

定休日/第3水

料金/入館料 大人600円、高・大学生400円、小・中学生200円

アクセス/車:セントレアライン常滑ICより7分

駐車場/80台

「INAXライブミュージアム(PART OF LIXIL)」の詳細はこちら

トヨタ鞍ヶ池記念館【愛知県豊田市】

花と緑が広がる国定公園に調和するように建つ記念館。

1974年にトヨタ車の生産台数1000万台を記念して建てられた記念館。トヨタ自動車の創業者・豊田喜一郎の人となりや自動車開発までの歴史を紹介しています。敷地内には移築された旧豊田喜一郎邸も。

トヨタ創業展示室

1936年に発売されたトヨタ自動車初の乗用車や初代クラウンを展示。現・トヨタ本社工場の1/400縮尺模型や紡織機の展示もあります

目からウロコ!

初めて発売した「トヨダAA型乗用車」には七宝焼きのエンブレム、西陣織の手すりなど、日本らしさが満載です。

旧豊田喜一郎邸

鞍ヶ池記念館の小高い丘の上に位置する。建物は外観のみの見学だが、外から温室の中などを覗くことができる

1933年に名古屋市八事に建てられた住居を移築・修復。建築技術の発展に大きく貢献した鈴木禎次氏による設計。

鞍ヶ池アートサロン

年4回、企画展を開催する。ゴッホやピカソ、ルノワールなど、本物の絵画が無料で楽しめるとあってファンも多い トヨタ鞍ヶ池記念館

TEL/0565-88-8811

住所/愛知県豊田市池田町南250

営業時間/9時30分~17時

定休日/月(祝日の場合は翌日)

料金/無料

アクセス/車:東海環状道鞍ヶ池スマートICより3分

駐車場/22台

「トヨタ鞍ヶ池記念館」の詳細はこちら

アサヒビール名古屋工場【愛知県名古屋市】

余分な雑味や苦みの少ないできたて生をグビグビ♪

●生ビール(スーパードライ)

ドライプレミアム豊醸やドライブラック、時期によって新商品の試飲も。老舗料亭「なだ万」とコラボしたおつまみ付き

中部地区で消費されるスーパードライやドライプレミアム豊醸を中心に製造するアサヒビール名古屋工場。見学ツアーでは原料の麦芽の試食、発酵・熟成タンクや缶詰の製造ラインを案内。見学後はプロが注ぐビールを1人3杯まで味わうことができます。

工場見学

仕込みやろ過の工程、パッケージングラインなどをガイドしてくれる。高さ20mのビールタンクが間近で見られるのは名古屋工場だけ!

目からウロコ!

タンク1本の貯蔵量は400㎘。350㎖缶に換算すると110万本分で、1日1本飲むと飲み干すまでに3100年かかる!

売店

ビール使用のお菓子やビアグラスなど、限定グッズがたくさん。一番人気は試飲会場で配られる「なだ万」のおかき8袋入850円

ビールとブランデーを使った木樽入りビールケーキ1290円

工場限定のスーパードライビン型栓抜き600円

工場見学DATA

TEL/052-792-8966(9時~17時)

開催日時/指定日の9時30分~15時

料金/無料

予約/希望日の前日までに電話or前日の正午までにWEBにて要予約(下記にリンクあり)

受付人数/2名~

所要時間/約1時間15分 アサヒビール名古屋工場

住所/名古屋市守山区西川原町318

定休日/不定、年末年始

アクセス/電車:JR新守山駅より徒歩15分

駐車場/10台(要予約)

「アサヒビール名古屋工場」の詳細はこちら

おとうふ工房いしかわ【愛知県高浜市】

国産大豆を使用した、なめらか豆腐が食べ放題。

●旬とうふ定食 1080円

寄せ豆腐に月替わりの旬の食材をトッピング。ご飯も3種から選べる(写真はイメージ)

●おとうふバー

木綿や絹、山芋入り、黒ゴマなど、4~5種類の豆腐が食べ放題。うの花やひじきといった惣菜類も充実している

国産大豆のみを使用して作る、木綿や絹こし豆腐の製造ラインをスタッフが案内。希望者は、「簡単竹ザル豆腐作り体験(500円)」もできます(要予約)。作りたての寄せ豆腐が味わえるレストランや工場直送の商品を購入できる売店も併設。

工場見学

工場を窓越しに見学しながら豆腐の作り方を学ぼう。案内役のスタッフが、原料となる大豆やにがりについてマメ知識を教えてくれる

目からウロコ!

「木綿豆腐」と「絹豆腐」は、作り方も違うんだとか!工場で窓越しにその違いをスタッフが丁寧に解説してくれますよ。

売店

約100種類の豆腐や大豆加工品を販売。おからで作るきらず揚げや豆腐ドーナツ、豆乳ソフト324円もある。

まめぞうプリン(プレーン・抹茶・黒ごま)各130円

なめらかで濃厚な味わいの、究極のきぬ270円

工場見学DATA

TEL/0566-54-0333

開催日時/月~土の10時~13時(開始時間は予約時に相談)

料金/無料

予約/電話にて要予約

受付人数/1名~

所要時間/約20分 おとうふ工房いしかわ

住所/愛知県高浜市豊田町1-204-21

営業時間/売店9時~18時(第1土は7時~)、レストラン9時~16時(土日祝は8時~)※施設により異なる

定休日/日祝

アクセス/車:衣浦豊田道路新林ICより10分

駐車場/30台

「おとうふ工房いしかわ」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

7月31日は「豊田おいでんまつり花火大会」!見どころ&混雑回避術2016【愛知】
美人の湯と評判の温泉を日帰りで♡泉質自慢の露天風呂7選【東海】
見渡す限りのひまわり畑!南知多で絶景夏ドライブ!【愛知】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP