体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【週末旅にも最適】夏こそ行きたい!鳥取の観光スポット5選

【週末旅にも最適】夏にこそ行きたい!鳥取の観光スポット
(C) はわい温泉・東郷温泉旅館組合

首都圏からだと少し遠いイメージのある鳥取ですが、意外とそれほどでもなく、羽田空港から鳥取空港、米子鬼太郎空港へ、それぞれ約80分のフライトで到着します。じつは鳥取旅行は、週末旅も可能なのです。

そこで今夏にぜひ行きたい! 鳥取の旅行地をご紹介します。鳥取には、一度では行ききれないほどの魅惑の観光地が盛りだくさん。

■あわせて読みたい
ここが日本!?冬限定、雪に覆われた鳥取砂丘が驚きの別世界
http://tabizine.jp/2015/01/28/29184/

日本最大級のフラワーパーク! 四季折々の花々が咲き乱れる「とっとり花回廊」

【週末旅にも最適】夏にこそ行きたい!鳥取の観光スポット
(C) facebook/とっとり花回廊

米子駅から無料のシャトルバスも出ている「とっとり花回廊」は、鳥取旅行でとても訪れやすい観光地です。日本最大級の規模を誇るフラワーパークで、訪れる季節によって、咲き乱れる花々が異なるのも魅力。

【週末旅にも最適】夏にこそ行きたい!鳥取の観光スポット
(C) facebook/とっとり花回廊

なだらかに広がる広大な花畑に思わずウットリしてしまう「花の丘」をはじめ、90種以上のハーブがあり、香りによるリラクゼーション効果もある「ハーブガーデン」、直径50メートル、高さ21メートルの巨大なガラス温室「フラワードーム」など、見所が満載です。

【週末旅にも最適】夏にこそ行きたい!鳥取の観光スポット
(C) facebook/とっとり花回廊

限定された日になってしまいますが、夜間営業日にこちらを訪れれば、ライトアップされた美しい花々の姿を見ることもできます。

[とっとり花回廊]

まるで日本海に面した砂漠のよう! 「鳥取砂丘」はただ見るだけでは終わらない

【週末旅にも最適】夏にこそ行きたい!鳥取の観光スポット

鳥取といえば、鳥取砂丘が有名ですよね。鳥取砂丘は、日本海に面した東西16km、南北2kmに横たわる海岸砂丘で、「日本の渚百選」にも選ばれています。しかも、この砂丘、ただ見て歩くだけでは終わらないのです!

パラグライダー、サンドボードなどのアクティビティをはじめ、遊覧らくだに乗って砂丘をプチトリップすることもできます。気分は砂漠を旅して歩くキャラバン。鳥取にいながら、砂漠を旅行している気分も同時に味わえますよ。

【週末旅にも最適】夏にこそ行きたい!鳥取の観光スポット
(C) facebook/鳥取砂丘 砂の美術館

また、鳥取砂丘のすぐ近くにある「砂の美術館」に立ち寄れば、「砂」を素材にした彫刻作品である迫力のある「砂像」の数々を観ることができます。こちらには、世界中の名所が砂像として、期間限定で展示されています。

【週末旅にも最適】夏にこそ行きたい!鳥取の観光スポット
(C) facebook/鳥取砂丘 砂の美術館

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy