ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SKY-HI 音楽業界は「グレー」とフォロー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜23時30分からの番組「THE HANGOUT」(木曜ナビゲーター:蔦谷好位置)のワンコーナー「SOCIAL RESEARCH」。今月は全曜日を通して「就活生応援月間」というテーマでお送りしていますが、中でも木曜は「音楽業界で働く人たちがどうやって今の職業に就いたのか」をテーマに、音楽業界人をスタジオに招いてお話を伺っています。

6月16日のオンエアでは、この日の番組ゲスト、SKY-HIこと日高光啓(AAA)さんもコーナーに参加してくださいました。

そしてスタジオに来てくださった音楽業界人は、TOY’S FACTORYでマネージャーをされている根川さん。現在、ラッパーのSALUとAKLOを担当。TOY’S FACTORYに入社してまだ1年目ということですが、それ以前はレコード会社でアルバイトをされ、その後インディーズレーベルでSALUとAKLOのマネージメントを担当し、そのまま2人と共に現在のTOY’S FACTORYに入社したそうです。

もともとHIP HOPが好きだったそうで、「就職活動が始まるってときに、自分の好きなことを仕事にしたいなと思って、『じゃあレコード会社だ』とずっと受けていたんですけど、なかなか決まらず…」と根川さん。やはり音楽業界に就職するのはなかなか難しいのですね。

その後、プロデューサーのBACHLOGICさんとの偶然出会い、HIP HOPシーンの盛り上がりもあり、SALUがメジャーレーベルのTOY’S FACTORYと契約するとなったときに、担当していた根川さんも一緒に、ということになったそうです。それまでは散々、就職活動をされてきていた根川さん。辛かったことはどんなことでしょう?

「なかなか正社員に決まらなかったので、ずっときつかったですね。周りがどんどん就職決まっていく中で、どうしよう、どうしようみたいな…。そんなところで、アルバイトだったんですけど、なんとかレコード会社に入れて」(根川さん)

今の職に就かれてから、辛いところ、楽しいところはどんなところでしょう?

「朝早い、夜遅い、寝れない…それは本当にきついです(笑)」(根川さん)

それを受けて、「普通の社会人の人は、こんな時間帯にしゃべる仕事ってないですよね」とSKY-HIさん。さらに蔦谷が「ホント、だからブラックですよね」とタブーの一言(笑)。すかさずSKY-HIさんから「グレーにしときましょう!」と、フォローが入りました(笑)。

しかし、そんな辛さも乗り越えられる楽しさがあると根川さん。

「たとえば、デモが上がってきて一番最初にその曲を聴けたり。名曲の『あ! これキタ!』みたいな」(根川さん)

確かにそのときの感動は、どんな疲れや辛さも吹き飛ばしてくれそうですよね。音楽業界を目指す就活生のみなさん、参考になりましたでしょうか? 根川さんが現在のTOY’S FACTORYに入れたのは、アーティストとの運命的な出会いがあったからですが、それを引き寄せたのは、“どうしても入りたい”という強い気持ちと“行動力”があってこそ。諦めずに頑張ってください!

6月は「就活応援企画」ということで、番組では悩める就活生からのメッセージをまだまだお待ちしています。宇野常寛、川田十夢、大宮エリー、蔦谷好位置の各曜日ナビゲーターがそれぞれの視点で向き合いますので、ぜひ「THE HANGOUT」オフィシャルサイトからご参加ください♪

【関連サイト】
「THE HANGOUT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/hangout/

音楽業界、入りたいなら正攻法ではなく裏ルート!?(2016年06月11日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1735.html

就活生の悩みにまさかの「AKB48」加入案!?(2016年06月15日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/akb48.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP