体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【中古で選ぶ軽】予算50万円以下で買える低価格の軽自動車 5選

▲安くて良いモノが欲しい! を叶えてくれる注目軽モデルをピックアップ! 中古だからこそできる軽自動車選びです。ぜひご参考に

▲安くて良いモノが欲しい! を叶えてくれるかもしれない注目軽モデルをピックアップ! 中古車だからこそできる軽自動車選びです。ぜひご参考に

予算は50万円以下

車両価格・維持費も安く種類も豊富な軽自動車は、車購入初体験の人はもちろん、セカンドカー狙いの人にもピッタリな選択。しかし中古車から選ぶ場合、その物件数の多さと下がりづらい相場傾向から、何を基準にどう選べばいいのか迷ってしまいがちです。

今回は、この大海原のような中古軽市場から、編集部のオススメモデルをピックアップしてみました。この記事では、高値のモデルに劣らない装備や性能を備えながらも50万円以内で買えるモデルをご紹介。用途や条件に合わせて、ご自身にピッタリのモデルをチェックしてみてください。(相場はすべて2016年6月上旬の数字です)

先代もついに50万円圏内に!「ダイハツ ムーヴ(5代目)」

★相場:20万~100万円

燃費対策もしっかり施されている5代目ムーヴ。予算50万円の物件が見つかるのは2010年式と2011年式です。7万㎞以上の過走行物件が多いのですが、この予算で狙えるようになったのは大きなトピック。“カッコいい”寄りのモデルをご希望の方は、ちょっと奮発すれば、エアロバンパーや厚みのあるフード、丸型4灯式ヘッドランプなどで力強い存在感を表現した「カスタム」グレードの購入も難しくありません(60万円~あり)。

▲低走行で50万円以内の物件は、まだまだ球数少な目。こまめにチェックし、決断はお早めに……(ダイハツ ムーヴ)

▲低走行で50万円以内の物件は、まだまだ球数少な目。こまめにチェックし、決断はお早めに……(ダイハツ ムーヴ)

人気モデルを安値で「スズキ ワゴンR(3代目)」

★相場:10万~90万円

デビューから12年以上経っていることもあり、とにかく物件数が豊富。50万円以内でも走行5万㎞未満のモデルが見つかります。カラーも選り好みできる可能性大! 最初の届出から13年以上経過すると軽自動車税がアップし、低予算で買ったうまみが減ってしまうため、ある程度長く乗るならなるべく年式の新しいものを選ぶことをオススメします。

▲取り回しの良さには定評のあるモデル。初めての車には特にオススメです(スズキ ワゴンR)

▲取り回しの良さには定評のあるモデル。初めての車には特にオススメです(スズキ ワゴンR)

スポーティスタイルがお好みな方へ「ホンダ ゼスト(初代)」

★相場:20万~110万円

ゼストは、トールワゴンにスポーティな雰囲気を盛り込んだ低床設計の軽です。もともと前期型は安値になっていましたが、最近では後期型(2009年6月以降生産)も50万円以内で見つかるようになってきました。もしさらに尖ったテイストがお好みなら、3眼ヘッドライトが印象的な後期型ゼストスパークも同予算で検討可能です。程度や条件の良い物件は、球数が揃っている前期型に多いので、探す際はご参考に。

▲いち早く低床設計を採用した軽モデルで、乗降性や荷物の出し入れのしやすさが追求されています(ホンダ ゼスト)

▲いち早く低床設計を採用した軽モデルで、乗降性や荷物の出し入れのしやすさが追求されています(ホンダ ゼスト)

広い室内空間にこだわるなら「ダイハツ タント(初代)」

★相場:10万~80万円

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。