ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幻のバーガーショップ『BURGER ZAURUS』が渋谷上陸!?(6月18日〜)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BURGER ZAURUS』の前身だ。

3年後に店名を改めると、バーガー好きの間で瞬く間に人気に。80年代にはマクドナルドに次ぐ認知を得て、2016年までに全世界121カ国に約2万店舗を展開したというが、なぜだかあまり知られていない。しかし、来る6月18日、ついにその日本1号店となるポップアップショップが渋谷リルリール内に登場するのである!

「バーガーのない人生なんて考えられない」。


まず、創業者のコメントを紹介しよう。

H「僕らの冒険にハンバーガーはつきものさ、感謝祭でチキンの丸焼きを必ず食べるようにね。山歩きでも、カヌーの川下りをするときでも、必ず小型のバーナーとスキレットを持って行って、バンとパティ(肉)を焼いて、現地調達した野草をサンドして食べるんだ」。

J「ジャングルの中で食料が尽きれば、トカゲだって、ムース(鹿)だってサンドしちまうよ」。

出会いはアラスカ・ユーコン川上流にある小さなインディアンの村だったそうだ。

J「冒険とハンバーガーの話で会ってすぐに打ち解けたよ。だって最初からお互いの手にはハンバーガーがあったんだから」。

H「ハンバーガーのない人生なんて考えられないだろ、考えたくもないし。司会者のいないラジオプログラムみたいなもん。退屈ってことさ」。

きっと今までに体験したことのないワイルドなバーガーに出会えるであろうことは間違いだろう。しかし、一体どんなお店なのだろうかーー。と、ここでネタばらし。

JUN WATANABE×ハイロック
もしもこんなお店があったら…。

じつはこれ、クリエイティブディレクター・JUN WATANABE(写真左)とメディアクリエイター・ハイロック(右)によるART EXHIBITIONだ。『BURGER ZAURUS』は、ふたりが考えだした架空のバーガーショップであり、渋谷リルリール併設のギャラリーにて6月18日(土)〜7月31日(日)まで開催される企画展のことを意味している。

メニューやラッピングペーパー、お店のサインやポップ、ユニフォーム(Tシャツ・キャップ)などなど、その世界観にこだわった計15点のアイテムをインスタレーションアートとして展示・販売する。彼らのコラボは今回が初めてだ。

JUN WATANABEといえば、タミヤとのコラボデザインやスニーカーデザインでの活躍が知られている人物。代表作には『JUN WATANABE × ATMOS × REEBOK INSTA PUMP FURY』などがある。

ハイロックはアパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て同店の内装やメニュー、ギャラリーなどのクリエイティブ全般に携わるほか、メディアクリエイターとして各方面で活躍している、アメリカンカルチャーとモノをこよなく愛する人物。

それぞれ、特有のポップで親しみやすいデザインと、空間クリエイティブが融合した作品の数々は、年齢や性別を問わずに誰でも楽しめるもの。もちろん期間中は『BURGERZAURUS』のオリジナルハンバーガー、フレンチフライ、ミルクシェイクが味わえる。渋谷に行くならぜひチェックしてみよう。ワクワク!

【店舗概要】

■店名
LILʼRIRE CAFE(リルリールカフェ)

■住所
渋谷区松濤1-4-8(渋谷駅から徒歩10分)

■営業時間
11:30〜翌朝2:00

■営業日
年中無休

■席数
約80席(1F、 2F合計)

■webサイト
http://lilrire.com

■電話
03-5790-2944

Licensed material used with permission by LILʼRIRE CAFE

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP