体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美しさも機能も完璧! 双子ワーママのキッチンリフォーム物語

美しさも機能も完璧! 双子ワーママのキッチンリフォーム物語

ひとり暮らしでも、家族と暮らしていても、1日2〜3回は使うキッチン。料理好きになるほどモノも増え、料理道具や調理家電、調味料などから1年に1回使う季節の道具まで、種々雑多なものがあり「なんかごちゃごちゃしている」「生活感丸出し……」と悩む人は少なくない。今回は、多忙なワーキングマザーでありながら、「いつもキレイ」をキープしているお宅を訪問、美しく使いやすいキッチンをつくるコツを聞いてきた。

まるで外国のキッチン! 見た目もキレイで何より使いやすい

今回伺ったのは、千葉県にお住まいのmayukoさんのお宅。5歳になる双子の娘さん、夫と4人家族で、築15年ほどの分譲マンションに暮らしている。今年の春、キッチンリフォームを行ったばかりだが、驚くのはその美しさ。琺瑯(ほうろう)のシンク、KOHLERの水栓、ASKOの食洗機など、一見すると異国のアパルトマンのキッチンのよう。多忙なフルタイム勤務をこなしつつ、これで双子の育児をしているの!? と驚愕しつつため息が出てしまう。【画像1】キッチンリフォームを終えた今は、「やったぞ、という充実感でいっぱい」というmayukoさん(撮影:片山貴博)

【画像1】キッチンリフォームを終えた今は、「やったぞ、という充実感でいっぱい」というmayukoさん(撮影:片山貴博)

「リフォームして驚いたのは、美しさよりも機能性! 前よりずっと使いやすく、片付くようになりました」とmayukoさん。上部の吊り戸棚を撤去したためにキッチンが明るくなり、食洗機は大型になったので1日1回まわすだけでOK、琺瑯のシンクはヌメリ知らずで、快適そのものだという。モノの場所を家族全員が理解しているため、子どももお手伝いしやすくなり……と、良いことずくめだそう。

mayukoさんは、以前は料理を教えていたほどの料理好き。調理家電も多数持ち、スティックミキサー、フードプロセッサーなどに加えて、あまたの調味料や羽釜(!)もあるという。以前のキッチンに大きな不満はなかったが、リフォームを思い立ったのは1年ほど前。ガスコンロが壊れてしまい、交換していたところ、ほぼ同時に食洗機も漏水を起こしてしまう。「そこで単なる交換ではなく、せっかくならリフォームして、小さな不満をちゃんと解消しよう」という話になった。【画像2】リフォーム前のキッチン。吊り戸棚がシンクの上にあり、セミクローズドになっていた(写真提供:mayukoさん) 【画像2】リフォーム前のキッチン。吊り戸棚がシンクの上にあり、セミクローズドになっていた(写真提供:mayukoさん)【画像3】キッチンのアフター。キッチン上部にあった吊り戸棚を撤去し、造作カウンターを大きく。既存の床に二重貼りをしたほか、壁にもホワイト・ブリックをあしらった(撮影:片山貴博) 【画像3】キッチンのアフター。キッチン上部にあった吊り戸棚を撤去し、造作カウンターを大きく。既存の床に二重貼りをしたほか、壁にもホワイト・ブリックをあしらった(撮影:片山貴博)【画像4】キッチンの中央にある琺瑯のツインボウル。「シンクが小さくなって平気かなと思いましたが、まったく問題ナシです。このザルが野菜の水切りカゴにもなったり、すごく使いやすいの!」とmayukoさん(撮影:片山貴博)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy