ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キンプリ「応援上映」にOLたちがなぜ熱狂するのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「キンプリ」(劇場版アニメ『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』の通称、菱田正和監督)の勢いがとまらない。6月17日(金)にBlu-ray&DVDが発売、18日(土)に全国で4DX上映が始まる。今年1月にわずか14館でスタート、しかしSNSなどで人気が広がり、上映館はのべ100館を越えた。異例のロングランを記録し、動員人数は約36万人、興行収入は5月に約6億円を達成。

 10代の男の子たちがプリズムスタァを目指し、試練や困難に立ち向かっていくこのアニメ、人気を支えている一つが「応援上映」だ。

 そもそも「キンプリ」とは、2013年から2014年にかけて放送された女児向けTVアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』のスピンオフ作品である。男子プリズムスタァの3人組ユニット「Over The Rainbow(オーバー・ザ・レインボー)」を主役に据え、大人の女性をターゲットにした。プリズムスタァは、フィギュアスケートをモチーフに歌とダンスを融合させた斬新な「プリズムショー」を披露する。言わばスターを目指すアイドルたちの、歌あり踊りありの成長物語だ。

 この映画で行われている「応援上映」がいま大きな話題を集めている。応援上映とは、コスプレOK、サイリウムやペンライトの持ち込みOK、声を出してキャラクターたちを「応援」しながら観賞するスタイルで、観客はセリフに対して合いの手を入れたり、一緒に歌ったりするため、映画館は、さながらライブ会場と化す。

「応援上映」という観賞スタイルはこれまでにもあったが、「キンプリ」の特長は、客席からの応援を促すように映画が作られていることだ。観客がアフレコできるシーンが用意されていたり、キャラクターのセリフには一定の「間」が置かれたりと、「ここで応援してください」というようなお膳立てが随所に見られる。これらの工夫によって観客は気持ちよく応援できるようだ。

 実際にどのような「応援」を行っているのだろうか。6月某日、記者が映画館に足を運ぶと、本編上映前のCMや予告編からが応援が始まり、ちょっと驚く。エールフランス航空のCMでは、男女のキスシーンで<おめでとー>。制作企業や協賛企業が表示されると<○○(会社名が入る)ありがとー>。

 いざ本編が始まると、上映の約1時間、熱い応援が続いた。キャラクターが登場して自分の名前を言うと<いい名前ー!>。「君の苦手な食べ物はなんだい?」には<トマト!><セロリ!>と、思い思いの返事。「みんなに、言いたいことがあります!」という宣言には<なーにー?>。キャラクターにはそれぞれ推奨サイリウムカラーがあるようで、記者は慣れないサイリウムの切り替えに忙しかった。

 多くの観客が声や色をそろえる背景には、リピーターの存在がある。記者の隣の席に座った20代女性はこの日が10回目。会社帰りに一人で来ていて「皆がどこで何を言うか、全部覚えました、よろしければ教えますよ!」とにっこり。コアなファンたちは「プリズムエリート」と呼ばれ、全国に遠征するなどして応援上映を牽引してきたという。皆でそろっての応援は会場の一体感を高め、また来たいと思わせる効果を生んでいるようだ。

 とはいえ、応援方法に決まりがあるわけではない。カラーを合わせなければいけないというルールもない。終盤、電車が走るシーンでは、(キンプリとは関係ないが)<メーテルー>と叫ぶ男性が二人いた。一体感と同時に、各々が自由に楽しもうという雰囲気がある。

 応援上映2回目という30代女性はこう語る。

「このやさしい感じがいいんです。そしてポジティブな声援が続くのがいいんです。ああ、みんな、普段のストレスを、ポジティブな方向に向けているんだなって。私も頑張ろうって思うし、癒やされます」。

 当然ながら、生身のスポーツ選手やミュージシャンへの応援と違い、スクリーンの向うへ声援は届くはずはなく、ゆえに、彼らからの反応はない。熱い声援は、観客自身に向けられているものでもあるのだろう。

 その日、映画館の6、7割は若い女性だったが、カップルや男性も目に留まる。会社帰りと思しきお洒落な女性も少なくない。なぜ若者が「応援上映」にはまるのか。若者の消費行動に詳しいニッセイ基礎研究所の准主任研究員・久我尚子氏は、「つながり」「参加」「体験」というキーワードを挙げてこう分析する。

「他の応援者(ファンや仲間)との横の“つながり”、そしてただ観るだけでなく“参加”し、“体験”すること、これら3つが相乗効果を生み、人気につながっていると考えられます。今は旅行でも、単に旅先へ行くだけではなく、そこで何を体験できるかが求められるようになっています。特に、小さな頃からディズニーランドやゲームなど、多彩なエンターテインメントに親しんできた若い世代の心をつかむためには、これら3要素をいかに上手くちりばめられるかが重要になっていきます」

 4DX上映では、“コウジのはちみつキッス”で甘い香りがたちこめたり、シンが大浴場で転倒する場面で座席に衝撃が起こるなどの特殊効果が体験できるという。何度でも、どのようにも楽しめる「キンプリ」。旋風はまだまだ続くとともに、「応援上映」は新しい映画鑑賞スタイルとして広がりを見せそうだ。

【関連記事】
千葉真一氏 「ヒロくん(真田広之)は5歳から僕が育てた」
復活した被災地の成人映画館 新聞広告掲載できない理由とは
『海よりもまだ深く』で初カンヌの阿部寛 充実の笑顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP