ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大ヒット中ズートピアに隠された小ネタやこだわり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『ズートピア』は高度な文明をほこる動物の世界を舞台に、警察官になる夢を持つウサギのヒロイン・ジュディが詐欺師のキツネ・ニックとともに陰謀に立ち向かいながら成長していくディズニーの長編アニメーション。4月下旬の公開から7週間の累計興行収入は65億円と、今年公開された作品の中ではNo.1(6月12日現在)。大ヒット作『アナと雪の女王』の記録(興行収入約255億円)を塗り替える勢いだ。

「今作は、子供たちはもちろん大人たちもハマっている。口コミでどんどん大人のかたに広がっているのを実感しています」とディズニー担当者は語る。

 キャラクターがかわいいだけではない、『ズートピア』の魅力について映画通たちの話から解き明かす。

 動物たちのキャラクターは徹底的なリサーチによりつくり上げた。スタッフが動物たちのリサーチのために18か月間もの時間を費やし、ケニアなどに行き、その動きや性格を研究しつくした。ジュディにもウサギの習性がしっかりと反映されている。

「ウサギは暗いところだと目が見えづらくなるから、暗闇のシーンでは、ジュディに懐中電灯を持たせるなど、思わず“へえ~”といいたくなる動物の豆知識が満載なのも見どころの1つです」

 ゾウやキリンのように大きな動物もいれば、ネズミのように小さな動物も暮らすズートピア。製作総指揮のジョン・ラセターは、「登場する動物はすべて実際のものと同じサイズ感に」とこだわったそう。

 さらに、吹き替え版ではジュディ役に上戸彩(30才)らが声優を担当している中、ディズニーファンをざわつかせているのがニック役の声優。

「声を担当しているのは森川智之さんというベテランの声優で、トム・クルーズやユアン・マクレガーの吹き替えでもおなじみです。東京ディズニーシーのエントランスで“ようこそ”とアナウンスしているのも森川さんなんですよ」

 また、こんな味のある図らいも。

「日本語版ポスターにある巨大看板にはサマンサ タバサを思わせる“Savanna Thavasa”(サバンナ タバサ)やナイキを思わせる“Just Zoo It”などのフレーズも出てきます。劇中でも『ベイマックス』に出てくるカフェや『アナと雪の女王』のハンス王子と同じ名前のケーキショップが登場したり、見るたびに新たな発見があって楽しいです」

 映画や海外ドラマファンにたまらないネタも豊富。

「マフィアのボスキャラ・Mr.ビッグは『ゴッドファーザー』から、後半のジュディが列車を動かそうと奮闘する場面は『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』を元ネタにしていると監督自らがインタビューで明かしています。また海外ドラマ『ブレイキング・バッド』の麻薬密造シーンを彷彿させるような箇所も見逃せません」

 他に、隠れミッキーや『アナと雪の女王』のアナとエルサの衣装をまとったキャラが出てくるので、まだ見てない人は探してみるのも楽しいかも。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
ディズニーランド アニメがメインコンセプトではないのだ
何回見ても楽しめる『アナ雪』隠しネタ 「隠れミッキー」など
大ヒット『アナ雪』 雪の女王エルサは初期段階では悪役だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。