ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最小の「システムキッチン」。もう、我が目を疑うしかない・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト」や「タイニーハウス」に人気が集まるのも、こうした背景からだろう。

だが、方法は他にいくらでもある。たとえば、モノ自体のサイズを小さくすることで、エネルギー消費そのものを抑えるというアイデアしかり。

コンパクトさを徹底追及
これが、本当にキッチン?

よもや、このキャビネットのような風貌がキッチンだとは……。言われない限り、いや言われたところで信じられない。違う?

けれど、この中にしっかりシンクも、コンロも、冷蔵庫も、そしてダイニングテーブルまで装備しているというのだから。そのサイズ(縦600×横600×高さ900mm)を聞いて、なお疑いは深くなる。が、もう我が目を疑うしかない全容をご覧あれ。

キッチンは、
ここまで小さくなる!

この通り、完璧なまでにキッチンにトランスフォーム。これは、確かにキッチンだ。

料理をするときだけ、その機能を引っ張り出してきて、あとは小さくコンパクトにまとめておく。キッチンが小さければ、揃える調理器具だって必然的に最小限。もちろん、住空間もタイニーでいられる。

引き出し式のIHクッキングヒーターは、このサイズでもしっかり2口。ヒーター下には電子レンジ、もしくはオーブントースターを収納するスペースも完備しているという。コンパクトでも必要な機能はすべて兼ね備えている。

もちろん、小さすぎることは確か。けれど、これだけで十分と感じる人たちも多いはずはずだ。

最小限の機能で
満足できる世の中へ

アパート暮らしの独身生活者に向けて、“おひとりさま”システムキッチン「Gali」のデザインに挑んだのは、マドリードの建築デザイナーAna Aranaさん。ひとり暮らしの人たちをリサーチして回った彼女は、彼らが毎日台所に立つ訳じゃなく、中には必要としない人も多いことに気づいたという。「ならばいっそ」、とエネルギー効率やモビリティを再構築し、必要最小限な機能を残し、極限までコンパクトにするリデザインを実現してみせた。

今のところコンセプト段階というが、タイニーハウスやディンクスが珍しくない世の中である限り、極小キッチンの需要も少なくはないはずだ。そう考えると、Galiの実装も急に現実味を帯びた話に思えてくる。

Licensed material used with permission by Ana Arana

関連記事リンク(外部サイト)

家は人生で一番高い買いもの・・・だったのは昔の話。多拠点暮らしができる「マイクロハウス」に住んでみたい!
小さなおうちに大きな夢。物欲そそる「アーチ型」のタイニーハウス
「トレーラーハウス」をDIY!仕事も家も手放して旅にでたカップルがうらやましい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP