ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

駐車場版Airbnbサービス「GaragePointer」が米国でいよいよ始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャンプ場のための「Hipcamp」、オフィスに特化した「Deskbookers」など、空きスペースを融通し合うAirbnb型のプラットフォームが、様々な分野で応用されてきた。

そして、空きガレージを持つオーナーと駐車スペースを求めているユーザーをつなぐ“空きガレージ版のAirbnb”ともいえるオンラインプラットフォームが、「GaragePointer(ガレージ・ポインター)」である。

・ガレージのためのAirbnb型サービス

「GaragePointer」の基本的な仕組みは、Airbnbなどと同様だ。

オーナー側が空きガレージに関する情報を投稿し、ユーザーは、エリアや利用料などの条件から物件を検索。ガレージの貸し借りにつき、オーナーとユーザーが合意に至ったら、両者がそれぞれ20ドル(約2,100円)の手数料を「GaragePointer」に支払うルールとなっている。

なお、「GaragePointer」では、2016年6月1日から60日間を試用期間とし、対象エリアをカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州に限定して、手数料無料にて運営中。

試用期間終了後、米国の他エリアにも順次、展開していく方針だ。

・路上駐車対策にもつながりそう

空きガレージを貸し借りするためのプラットフォームとしては、「GaragePointer」のほか、「JustPark」や「Park Circa」もリリースされている。

このようなプラットフォームを通じて駐車可能なスペースが増えることで、違法な路上駐車の軽減などにもつながりそうだ。

GaragePointer

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP