体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ドラクエ」を超大型舞台で体験!「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」に注目

エンタメ
ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー,

「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」公演キービジュアル
(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved

この夏開催される舞台「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」に注目が集まっている。 このショーは、累計売上6400万本を誇る国民的人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズを元にしたもので、昇降装置やプロジェクションマッピング、さらにはワイヤーアクションなどの大掛かりな舞台装置を使用するとともに、観客参加型のライブ性を加えることで、<演劇>という概念を越えた超大型エンターテイメントとなる予定。

ショーのストーリーは、DQシリーズから印象深いエピソードやディテールを集めて再構成したもの。ドラゴンクエスト3をベースとしているが、他の作品からも思い出深い人気キャラクターたちが多数登場するなど、文字通りDQシリーズの世界観を凝縮した内容となりそうだ。

出演する俳優陣もかなり豪華。主人公の勇者(DQ3より)はオーディションを勝ち抜いた若手・松浦司、剣士テリー(DQ6より)をサブカルマニアとしても知られるジャニーズの風間俊介、おてんば姫アリーナ(DQ4より)をオタク系アイドルの中川翔子、シリーズ随一の人気キャラクター・商人トルネコ(DQ4より)を芋洗坂係長が、それぞれ演じる。

『ドラゴンクエスト』の世界に入ったかのような感覚で楽しめるという『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」は、7月22日(金)のさいたまスーパーアリーナ公演を皮切りに、全国5カ所のアリーナで全40公演を行う予定。今年の夏は、ついに30周年を迎えた『ドラゴンクエスト』の世界観を実際に体験してみては? 既にチケットの一般発売はスタートしている。

(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー公式PV

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー,

公演イメージ。観客参加型のイベントも盛り込まれているとのこと。アリーナという巨大空間だからこそ実現した大掛かりな演出も ※実際の舞台とは異なる場合があります。
(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー,

1 2次のページ
YATTAR JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会