ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猛暑の夏、良質な睡眠を確保するクーラーとの付き合い方

  • ガジェット通信を≫


猛暑が予想されている今年の夏、早くも暑さに寝苦しさを覚え、クーラーを使いはじめる方も多いのではないでしょうか。

しかし、過度なクーラーの使用で睡眠が妨げられ、不眠に陥る危険性もあるそう。今回は睡眠の質を保つクーラーとの付き合い方について、健康科学アドバイザーで医師の福田千晶先生に話を聞きました。

クーラーが自律神経の乱れを招き、睡眠にも悪影響が

クーラーの使い過ぎによる弊害の一つが「自律神経の乱れ」です。暑い屋外と冷えた室内など、温度差が大きい環境に身を置くと、その温度変化に身体がついていけなくなり、自律神経のバランスが乱れてしまいます。いわゆる「夏バテ」も、自律神経の乱れが原因のひとつなのだそう。

「普段から運動をしている人は、温度変化に対して身体が慣れているので症状は軽いのですが、運動不足の人は要注意です。自律神経が乱れると、不眠・だるさ・頭痛・肩こりなど、さまざまな不調が現れます。自律神経というのは心臓の鼓動や、消化器の機能、血管の収縮など、自らの意思に関係なく自動的に活動する器官を調整する神経です。そうした自分でコントロールできない部分だからこそ、正しく機能していることが重要です」(福田先生)

自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は心身を活動的に導くもので、副交感神経は心身をリラックスさせて休息へと導きます。自律神経の乱れは、交感神経が過分に働くことにより起こるのだそう。活動モードの交感神経ばかりが活発になり、休息モードの副交感神経の働きが減少してしまうことで、不眠や体調不良を生むのです。

クーラーで乱れた自律神経を整える方法

睡眠への影響はもちろんのこと、さまざまな健康的デメリットをともなう自律神経の乱れ。改善するには、どんな方法があるのでしょうか。

「自律神経の乱れを改善する方法はいくつかあります。まずは、意識的に心身ともにリラックスさせることですね。温かい飲み物を飲むとか、ゆっくりお風呂に入るとか。自分に合った方法でリラックスすることが大切です」(福田先生)

例えば、ラベンダーの香りでリラックスできる人もいれば、ローズの香りがリラックスにつながる人もいます。香りだけでも受け取り方、感じ方に個人差があるため、周りの情報に惑わされず、自分に合った方法を見つけることが、自律神経を整える第一歩。では、クーラーに頼りすぎてしまう夏、部屋の温度に関してはどう対策したらよいでしょう?

「一般的には、26~28度が適切な設定温度だとされています。とはいえ、クーラーで温度設定をしたとしても、部屋全体がピッタリその温度に保たれるとは限りません。一番大事なのは、自分が快適であって寒すぎないということ。気がつかないうちに冷えているケースも多いので、自分が冷えてないか意識的にチェックしてみましょう。個人差はありますが、お腹や首に手の平を当ててみて、冷たいなと感じるようであれば、冷えているというサインです」(福田先生)

人によって眠りやすい室温は異なります。クーラーの過度な使用は身体を冷やしてしまいますが、もちろん適切に使えば睡眠にも良い影響を与えてくれます。

「睡眠中、一晩中クーラーをつけているのは良くないと思われがちですが、気温の高い環境では有効な場合もあります。夜も温度が下がらない地域では、タイマー機能などでクーラーが切れてしまうと、せっかく寝つけても暑さで目が覚めてしまうかもしれません。逆に、北海道など昼と比べて夜に涼しくなる地域では、タイマー機能の使用は有効だと言えます」(福田先生)

また、湿気が多く蒸し暑い地域では、冷房機能を使って室温を下げるより、除湿に切り替えることで快適になることもあるそう。環境によって 冷房や除湿、タイマー機能などを使い分ける必要がありそうです。

快適だと感じる室温は一人ひとり違います。さらに私たちは、自分のことなのに自分の身体がどう感じているか気づかずに過ごしてしまいがちです。「今年は猛暑だから設定温度を下げよう」「クーラーは健康に悪いから控えよう」など先入観で決めつけず、自分の身体の声に耳を傾けて上手にクーラーと付き合い、快適な夏を過ごしたいですね。

監修:福田千晶(健康科学アドバイザー・医師)

関連記事リンク(外部サイト)

眠れない人は目が疲れている!? 眠りをうながす“目の温め対策”とは
若返りや冷え性対策も?冷水シャワーの健康効果は?
頭痛にめまい、何となく続く身体の不調…「自律神経の乱れ」をチェックしよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP