ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さらに賢くなって登場!サムスンの最新フィットネストラッカー「Gear Fit2」は運動の種類を自動把握

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ランナーを中心に、運動を定期的に行う人にはフィットネストラッカー愛用者が多い。

手首につけるだけで運動量などを計測できるというものだが、このほど販売が始まったサムスンの最新フィットネストラッカー「Gear Fit2」がかなりバージョンアップしている。

心拍センサーやGPSを内蔵して運動量や走行経路などを正確に計測できる上、ユーザーが走っているのか自転車に乗っているのかといった運動の種類まで自動で把握する。

・室内マシーンも検知!

Gear Fit2は、歩く、走る、自転車に乗るといったベーシックな運動に加えピラティスやスクワット、室内エクササイズバイク、ステップマシーンなど計15種類のアクティビティをモニターする。

計測したデータは、ディスプレイにリアルタイム表示されるほか、サムスンの健康アプリ「S Health」で管理できる。

・曲面ディスプレイを採用

外観上は1.5インチのディスプレイが目を引く。Super AMOLEDの曲面ディスプレイが採用されていて、腕によりフィットするとのこと。

ディスプレイはタッチ式で、ユーザーはスワイプしたりスクロールしたりして操作できる。

・音楽プレイヤーとしても

また、運動に音楽は必須だが、音楽ファイルを取り込んでおくとミュージックプレイヤーとしても使えるのも便利。スマホと連動するタイプが多い中、独立して機能するのでスマホを持ち歩く必要がない。

より高機能になり、そしてデザイン性も高くなったGear Fit2、気になる価格はというと179.99ドル(約1万9000円)。

さしあたっては米国、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストラリアの7カ国で展開し、その他の国でも順次販売を開始する見込みだ。

Gear Fit2/サムスン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。