ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

週アス表紙に「貞子」登場でネット騒然!誌面では4Kテレビの出やすさをレビュー?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Twitterより @weeklyascii

 

ジャパニーズホラーの2大巨頭、ともにハリウッドでもリメイクされた「リング」と「呪怨」シリーズ。両作の怨霊同士が激突する話題作『貞子VS伽椰子』に出演する貞子が17日発売の「週刊アスキー増刊号」の表紙に登場しネットで話題になっています。

 

表紙には、貞子の代名詞ともいえる白の衣装に長い黒髪を垂らし、床にはいつくばって登場。左手は何かを求めるかのように伸ばし、右手にはタブレット端末を握りしめています。また、タブレット端末の画面には『貞子VS伽椰子』の文字が並び、しっかりと告知しています。

 

ネットではこの表紙に対し「ついに、貞子が表紙になる日がwww」「貞子さん、表紙にもなっとるんや!」「表紙が貞子だと!?何故!」「貞子表紙って!!」「貞子がパソコン雑誌の表紙とか」といった驚きのコメントが多数。また「貞子もリング全盛期はブラウン管テレビから出てきたのに、今は薄型大画面の4Kテレビから出てくるのね。時代も変わったもんだ。」といった貞子から時代の変化を読み解く人の姿もみられました。

 

誌面には、週刊アスキー編集部にて貞子が4Kテレビから出入りし、その使用感など貞子にしか書けない体験レビューが紹介されているそうです。

 

Twitterより @asciijpeditors

 

貞子が表紙をつとめる「週刊アスキー増刊号」は6月17日発売です。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP