ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYで大人気!パーマなしでできるドレッドヘア”Fauxlocs”って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NYで大人気!“Fauxlocs”のススメ

近年の黒人女性のナチュラルヘアブームと、90年代ファッションの流行からのブレイディングスタイル…コーンロウやブレイズなどのいわゆる編み系スタイルが、黒人女性だけではなくファッション業界でも流行っています。
今回はNYを中心にファッショニスタに大人気な “Fauxlocs” (フォーロックス)をご紹介します。

 

お手入れも簡単♪エクステを使ったドレッドヘア

まずFAUXLOCSとは何か?
FAUX(フォー)はフランス語でフェイク(偽物)の意味です。
LOCS(ロックス)はご存知の方もいると思いますが、ドレッドのことです。
Fauxlocsは、パーマや逆毛なしでできるエクステンションを使ったドレッドなので、髪の毛の短い人やパーマをかけたくない人にオススメです。
使用する素材(エクステンション)によって色や質感も楽しめます。
ちなみにトップ画像は、色を楽しみたい方にオススメな毛糸を使ったスタイルです。
左の画像は、左から毛糸、ブレイズ用ファイバー、キンキーブレイドです。
このキンキーブレイドを使用したスタイルが右の画像です。
日が経つにつれて味が出るタイプで、お手入れが不安な方でもアレンジが苦手な方でも、どうアレンジしてもかっこよくなるのでオススメです。
ブレイズ用のファイバーを使用したスタイルは、艶が出て表面がツルツルしたドレッドなのでシルキードレッドと呼ばれていて、最近のヤング層ではあまり見かけません。でも敢えて挑戦するのも個性的でいいかもしれませんね。

 

2016海外セレブに人気急上昇のヘアスタイルも要チェック!

また、2016年初めからセレブリティ中心に人気急上昇の“Goddess Fauxlocs(ゴッデスフォーロックス)”!
フェイクなのにナチュラル風に毛先にゆるめのウェーブを残した女性らしいスタイル。要チェックです!
次回も個性的な最新流行オススメスタイルお届けします。お楽しみに~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP