ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊木杏里“青春”が生み出した楽曲群 キング時代のアルバムハイレゾ配信第2弾開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。キングレコード時代のアルバムのハイレゾ配信第二弾がスタートした。

熊木杏里 キュートな写真一覧

 2002年デビュー。自身の悩み、葛藤をストレートに表現する詩の世界と、フォークソングをベースにした透明感のある歌声で支持を集める。また、TBS系ドラマ『3年B組金八先生』劇中挿入歌、JRA企業CM、京王グループ企業CM、ユニクロCMソング、NTT東日本DENPO CMソング、映画『バッテリー』主題歌、映画『天国はまだ遠く』EDテーマ等々次々にタイアップを獲得しながらも、進化/成長の一途を辿り続けている熊木杏里。

 2016年3月に9thアルバム『飾りのない明日』をリリース。6月の中国公演を大成功に収め、7月16日にはライブツアー追加公演が決定と、精力的に活動を展開しているが、このたび『ひとヒナタ【ハイレゾ・エディション】』『風の中の行進【ハイレゾ・エディション】』『風と凪【ハイレゾ・エディション】』の配信をスタートした。

 不器用ながらも、心のまま歌える音楽を追求し続けた熊木杏里と、その音楽を世の中に届けようと必死だった仲間たちの、言わば“青春”が生み出した楽曲群。ぜひチェックしてみてほしい。

 なお、本企画を受け、本人からのメッセージが到着。さらに、デビュー時より彼女を追い続けるライター・平賀哲雄氏より“ドキュメント・熊木杏里”と呼ぶに相応しいアルバム解説が特別に寄せられた。e-onkyo musicにて特集記事(http://bit.ly/1Tiyxbj)が展開中だ。

 今シリーズは【ハイレゾ・エディション】として各アルバムにボーナストラックを追加収録。マスタリングは2016年4月、キング関口台スタジオにて入念に行われた。息遣いまでも聴こてきそうな圧倒的リアリティー。オリジナルとはひと味もふた味も違う、「声」の魅力が如実に伝わるクオリティーに仕上がっている。

◎配信スケジュール
05月20日(金)
『無から出た錆 【ハイレゾ・エディション】』オリジナル:2005年2月23日
『風の中の行進【ハイレゾ・エディション】』オリジナル:2006年9月21日
『私は私をあとにして【ハイレゾ・エディション】』オリジナル:2007年10月24日
06月17日(金)
『ひとヒナタ【ハイレゾ・エディション】』オリジナル:2008年11月5日
『はなよりほかに【ハイレゾ・エディション】』オリジナル:2009年11月6日
『風と凪【ハイレゾ・エディション】』オリジナル:2010年3月10日

関連記事リンク(外部サイト)

熊木杏里 進化の一途辿ったキングレコード時代アルバム一挙ハイレゾ配信
熊木杏里『飾りのない明日』インタビュー「ひとつの時代が終わった」
熊木杏里 ヤマハ移籍を記念してヤマハホールで追加公演開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP