体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseが謎のビンテージカーと懐かしのホンダ車に大興奮!

生活・趣味
▲これが謎のモデル、グシオ。ベースは先代フィアット ヌオーバ500(NUOVA 500)で、屋根を切断し2シーターのスポーツモデルに架装されています

▲これが謎のモデル、グシオ。ベースは先代フィアット ヌオーバ500(NUOVA 500)で、屋根を切断し2シーターのスポーツモデルに架装されています

ネットで調べてもカーセンサーのページ以外に情報が一切ない!?

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれないDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

ゆきだるま:Boseさん、初めまして。今日のお店も楽しみですね!

Bose:あれ? 今日はペリーじゃないの?

ゆきだるま:ペリー先輩バックれちゃって(笑)。今回から私が担当します。よろしくお願いします。ところで、Boseさんはいつもどうやって車を探してるんですか?

Bose:みんなもカーセンサーnetを見るときにいろいろな検索条件を設定して車を探すでしょう。僕も同じ。ただ、中古車を年式の古い順に並べ替えてみるの。すると懐かしい車、変わった車、そして今回のように見たことも聞いたこともない車が出てくることが多いんだよ。

ゆきだるま:ほんと、今回の車はなんなんですか? グシオって聞いたことないです。予備知識を入れておこうと思ったのに全然わからなくて……。

Bose:実は僕もいろいろ調べたけれど、どう検索してもカーセンサーに掲載されているこの車しか出てこないんだよ。だから予備知識は一切なし。インターネットが浸透してどこにいてもスマートフォンで世界中の情報が瞬時に手に入る時代なのにどうにもならない。ある意味これってすごいことだよ。だから直接お店に行ってみないと!

ゆきだるま:確かに、ぺリー先輩からも「ネタは指先ではなく自分の足で探せ」って言われました。

Bose:さらに不思議なのがこの車を置いているのが変な車ばかり集めたお店じゃなくて、普通の車を扱っているお店なんだよ。ますます気になるよね。

普通の車を扱う中古車屋さんで見つけた激レアモデル

細谷社長:Boseさん、おはようございます。お待ちしていました。

Bose:おはようございます。会っていきなりですが……このグシオってなんなんですか? 見た感じは『ルパン三世 カリオストロの城』に出てくる先代フィアット 500っぽいけれど

細谷社長:わざわざ店まで足を運んでもらったのに申し訳ないのですが……。実は僕もよくわかっていないんです。たまたまオークションに出品されて、あまりにも珍しいので飛びついてしまったんです(笑)。グシオというのもオークションに出ていたときの名前で、グレード名が650スポーツでした。

▲オークションでグシオに一目惚れしたという細谷社長(左)。まだ29歳という若さです!
1 2 3 4 5次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会