ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「野菜復活術」覚えておきたい3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんなときに使えるのが、ここで紹介する「野菜復活術」です。

01.
 野菜の気孔を開かせる
「50℃洗い」

ボウルに50℃のお湯を用意し、野菜を1~2分かけて洗うだけ。これは野菜の気孔を開き、失われた水分を吸収させる方法です。

ほうれん草や小松菜などは束のままお湯につけ、キャベツや白菜など葉が球状に巻いている食材は一枚ずつはがして洗うのがポイントです。

02. 
ハリを取り戻す!
「酢&砂糖水」

大きめのボウルを用意して水1000ml程度、酢と砂糖を大さじ1ずつ入れて野菜をつけ、10分~20分間放置するだけ! 

野菜の水分吸収を促進する砂糖水の効果に加え、お酢でハリを取り戻し、栄養の流出を防ぐことができます。

03. 
食感をしっかり保つ
「5分間の冷水」

5分間冷水につけるだけ。これだけで、食感が保たれます。キャベツやレタスなどの芯のある野菜は芯を取り除き、サラダ用ならば千切りなどに。冷水に浸しすぎると栄養素が逃げてしまうため、長時間浸さないようにするのがコツです。

鮮度の落ちた野菜は、これらの野菜復活術で最後まで美味しく食べきりましょう!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP