体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1分動画で話題の「どこを切ってもハンバーガー」つくってみたよ!

簡単でオシャレな料理を求めてやまない女子や主婦のみなさんの中で話題沸騰中のTastemad Japanってご存知ですか? 食や旅をテーマにしたグローバルなビデオネットワークだそうで、facebook、Instagram、Twitter、YouTubeなどで動画を公開しています。

1分未満の動画では美味しくてちょっと斬新なレシピを紹介しているため「わかりやすい」「美味しそう!」「実際つくってみても簡単だった」などと方々から絶賛されているんです。

筆者もここ最近、友人から「この動画すごいよ!」と紹介されたばかり。料理をつくっている人の視点で撮影されているため自分がつくっている姿を想像しやすいのが特徴です。また、動画の中でレシピのキャプションがつけられているため、どこでどうやってどの材料を入れたらいいのかもばっちりわかっちゃうんです。

というわけで、今回はその中でも気になった「どこを切ってもハンバーガー!」が風変わりで美味しそうだったのでつくってみました!

【関連:「ラムネわらび餅」が売り切れてたので、シュワシュワ粉をつけて食べるラムネ水ゼリーつくってみた】

■材料は?

・バケット 1本

<ハンバーグ>
・牛豚合挽き肉 200g
・玉ねぎみじん切り(レンジ600wで2分加熱する) 1/4個分
・パン粉 ※くり抜いたバケットの中身20g分を再利用
・牛乳 30ml
・卵 1個
・ナツメグ 少々
・塩 小さじ1
・胡椒 少々

・うずらの茹でたまご 9~10個
・トマト(1cm幅でスライスする) 1個
・ミニピクルス(スライスする) 2本
・ケチャップ 30g
・とろけるチーズ 100g

「どこを切ってもハンバーガー」の材料

■作り方は?

1:バケットの上1cm部分を横から切り取ったら本体の縁を1cmほど残して、包丁とスプーンを使って中をくり抜きます。

パンの中身をくりぬく

2:ハンバーグの材料のひき肉以外をボウルに入れて軽く混ぜたら、ひき肉も入れて粘りが出るまでよく混ぜます。この時つかうパン粉ですが、1でくりぬいたパンを細かくちぎる、もしくはミキサーにかけパン粉にして再利用してください。

ハンバーグをつくる

3:バケットの内側にトマトを並べていきます。

トマトを並べる

4:上からハンバーグ種を半分のせて平らにならします。

ハンバーグ種を入れる

5:次にバケットのサイズにあわせてうずらとピクルスを並べていきます。並べたらケチャップをかけて、残りのハンバーグ種をのせてならします。

うずらとピクルスを並べる
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会