ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さんまと上沼恵美子の共演NG説「接点がなかっただけ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 上沼恵美子(61才)はリングに上がる前から強烈な先制パンチ。

「私のことが嫌いなのかどうか、はっきりさせる」
「なんぼ“大スターで天下取ってるかた”でも、はっきりせないかん。直接、私のことが好きなのか嫌いなのか、聞きます!」

 と、12日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)の中で吠えたのだ。

 上沼一流の毒気のある笑顔で“大スターで天下取ってるかた”と名指ししたのは、明石家さんま(60才)。上沼は18日、さんまがMCを務める関西テレビの生特番『さんまのまんま 大阪から生放送SP』に出演する予定で、2人の共演が「“因縁”のしゃべくりの天才2人の頂上決戦」(在阪のテレビ局関係者)と話題になっている。

 2人が最後に共演したのは1994年、今回と同じ『さんまのまんま』に上沼がゲスト出演した時で、今から22年も前。あれだけテレビで見る2人の、あまりにも長い“共演空白期間”に、「上沼さんとさんまさんは共演NGじゃないか」(前出・テレビ局関係者)という噂は絶えなかった。

 上沼は前出の『クギズケ!』で“口撃”を続行。

「22年前の『さんまのまんま』は東京での収録だったんです。私がムッとして帰ったと。さんまさんはへそを曲げて、『あんなおばはんと誰が共演したるか、上沼め!』みたいな」
「さんまさんに直接聞けるじゃないですか。私と共演したくないって言ってるかどうかを。私が先輩なんです。3年先輩なんです。芸能界では」

 2人はどちらも1955年生まれで、学年も同じ。ただし、上沼のいうように芸歴では上沼のほうが3年先輩に当たる。

 上沼は中学を卒業したばかりの1971年、姉妹コンビ「海原千里・万里」の妹・万里として漫才デビュー。高校在学中にして漫才界のスターダムに躍り出て、当時のアイドルだった天地真理になぞらえて「漫才界の白雪姫」と称されたこともあった。

 一方のさんまは、高校卒業間近の1974年2月に2代目笑福亭松之助に入門。その年のうちに京都花月で初舞台を踏み、翌1975年には『ヤングおー!おー!』(毎日放送・当時)へのレギュラー出演で人気者に。

 それでも上沼が“先輩”であることに変わりはなく、22年前の共演では、さんまは「会ってしゃべるなんて夢のよう。すごい先輩」と恐縮しっぱなし。ラジオ局でドアを開けた瞬間に上沼にぶつかり、平謝りしたのが初対面だったと明かしたものの、上沼に「覚えてないわぁ」と言われてガッカリする場面も。2人の絶妙なやりとりに、スタジオもお茶の間も爆笑の渦に包まれた。そんな和気藹々さには、どこにも「共演NG」のきっかけになったという雰囲気が感じられないのだが──。

「2人は、ただ接点がなかっただけで、お互いが嫌い合っているということはありません」と言うのは、別のテレビ局関係者だ。

「上沼さんは東京の番組への出演はめったになかったし、あの紅白の司会も断ったという伝説もあるほど。上沼さんを東京に呼んで共演させようとは誰も思わなかったんです。それに、大物の2人ですから、関西で一緒に使おうと思った在阪のプロデューサーもいなかった。そうこうしているうちに、たまたま何年も共演がなくて、“あれ? 2人って仲が悪いの?”とテレビ局員が勘ぐりだしたんですが、雲の上の人だから“仲悪いんですか?”なんて、直接聞けるわけがないじゃないですか。それでズルズルと22年が経ったというわけです」

 ちなみにさんまは、テレビ業界で共演NGがない珍しい大物として知られていて、「唯一、大物司会者A氏だけがNG。それもA氏の方からのNGでさんまさんからではありません」(前出・テレビ局関係者)という。結局、ふたを開ければ上沼の「共演NG」発言に乗せられてしまっただけのようだ。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
大物司会者続々降板で上沼恵美子「最後までやったる」と奮起
長男と次男がW結婚の上沼恵美子 テレビ界は嫁姑ネタに期待
熱愛報道の2人の共演 城田&西内、梅宮アンナ&武田修宏も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP