ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森繁久彌 名優であるだけでなく一流の芸談語りだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。いつもは名優たちへのインタビューから言葉を届けている連載だが、今回は、半世紀以上にわたって映画、演劇、ドラマなどで活躍した故・森繁久彌が遺した文章から、名優ならではの言葉をお届けする。

 * * *
 森繁久彌は名優であるだけでなく、一流の芸談語りだった。彼自身の演技論も出色であったが、他の役者に対する観察眼と描写力もまた見事なものである。名優だからこその目のつけどころと、それを巧みに文章化する技術に驚かされてしまう。

 たとえば、1960年代の東宝の大ヒット映画「社長シリーズ」で森繁の部下役を演じてきた名優・小林桂樹について。エッセイ集『あの日あの夜 森繁交友録』(中公文庫)で、「彼の芸風は、ブキッチョを上手にまとめて、素晴らしい人間像を創り出すことにある」「三木のり平と違った写実的な喜劇をやれる唯一のコメディアン」と評し、次のエピソードを披露している。

「彼の出色した技は、映画、テレビでのめしの食い方である。フランスにはジャン・ギャバンが、食い上手で必ず一シーンは出てくるが、私は桂ちゃんのこの芸を盗もうと、彼の言い分を聞いた。

『噛んで食っちゃダメですよ。噛んでる時は客は口の中を想像しますからね。想像させないように早く──つまり、噛まずにのんじゃうんですネ。するといかにもおいしそうに食ってる風に見えるんです』

 ある日、私もやってみた。ところがどうだ、大きな肉の塊りが喉につまっていっぺんにNGになった思い出がある」

 相手を称えるだけでなく、ちゃんと自らのオチをつけて締めくくっているあたりも、さすがは森繁といえる。

 若い頃からの朋友で、「社長シリーズ」をはじめ数多くの映画や舞台で共演してきた三木のり平については、「セリフ覚えが悪い」ということで面白おかしいエピソードを披露している。のり平は付き人に二宮金次郎の格好で舞台に立たせて、自らのセリフをつけさせていたというのだ。
 
 一方でエッセイ集『品格と色気と哀愁と』(朝日文庫)では「不世出の役者、日本喜劇界の至宝」と、のり平のことを絶賛している。中でも、舞台「佐渡島他吉の生涯」での芝居を「秀逸を極めた」と振り返っている。本作で、のり平は戦前の活動弁士を演じた。やがて映画がサイレントからトーキーに移行する際に職を失い、最後は「貧相な紙芝居のオッサン」として登場する。

「四時間を超える大芝居で、私も休む暇もない。のりちゃんの紙芝居が出る時、私は、

『おい、すまんが少し引っ張って(延ばして)くれ』

 心得た彼は、♪みどりの丘のォ──と下手くそな歌を唄いながら出ていった。

 そこへ出る私の孫娘役と、彼女の恋人役の二人は、何を言われるかと、毎日ヒヤヒヤしていたという。

『ぼく、次郎ボンです』
『ヒロポンはいけません。国を滅ぼす悪魔です』
『いえ、次郎ボンです』
『そんな怪しげな男は警察へ行ってもらいます。あそこは飯がタダなので私も行きます』

 そこから、すべったりころんだり、といろんな芸を見せて、客を抱腹絶倒、感激の極みに追い込んだ」

 一流の役者には一流の言葉がある。改めて思い知らされる。

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬神家の一族」』(ともに新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
左とん平 いくらセリフ上手くたって味のない役者はダメ
平泉成の芝居論「スターはベンツに、役者は電車かバスに乗れ」
森繁久彌 「感動は、その日の観客との間にあるものだ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP