ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、コスパ重視のスマホ「ZTE BLADE V7 Lite」と「ZTE BLADE E01」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTE ジャパンは6月15日、都内にて「ZTE 2016夏 新製品発表会」を開催し、指紋認証センサー搭載のスタンダードモデル「ZTE BLADE V7 Lite」と1万円台のエントリーモデル「ZTE BLADE E01」を7月中旬より発売すると発表しました。
スタンダードモデルとなるZTE BLADE V7 Liteの主なスペックは、約5.0インチHD(720×1280ドット)ディスプレイ、64bit 1.0GHzクアッドコア CPU(MT6735P)、2GBメモリ(RAM)、16GB内蔵ストレージ(ROM)、micro SD最大32GB対応、Android 6.0、2500mAhバッテリー、Wi-Fi規格IEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0です。また、AMラジオの番組がFMで聴けるワイドFMが搭載されており、災害時などにも役立つとしています。

 

前面のガラスは2.5D加工された側面のフレームに溶け込むようなデザイン。タッチセンサー式のナビゲーションキーを採用しているため、ディスプレイにナビゲーションバーの表示をする必要がなく、画面をフルに使った情報表示が可能です。

  

デザインはミュンヘンでデザインされたという、曲面を強調したメタルボディを特徴としています。薄さ約7.9mmながらアルミ合金による堅牢性を確保。市場想定価格21,800円(税抜)ながら高い質感です。カラーは写真の「シルバー」のほかに前面がブラックの「グレー」の2色。

  

背面のカメラは約800万画素、さらに前面のカメラも同じく約800万画素のものが搭載されており、セルフィー撮影でも前面に搭載されたLEDフラッシュと約800万画素センサーにより明るく綺麗な写真が楽しめます。

背面カメラの下には、指紋認証センサーがあります。センサーに触れてロック解除ができるほかに、スワイプ操作による通知領域の表示や、ミュージックプレイヤーのコントロールなども可能です。また、セキュリティ機能として指紋認証によるアプリケーションロック機能を利用することで、ギャラリーや電話帳などのプライバシーを守ることができます。

  

カメラ機能では、オートモードから簡単に切り替えられるプロモードが便利。露出補正など各種設定が変更できるほか、明るさを決めたい場所とピントを合わせたい場所を別々に設定することで、露出補正することなく狙った明るさで撮影できます。また、水平を表すガイドが表示されるので、綺麗に撮影したい風景写真などに活用できます。

 

続いて、市場想定価格14,800円(税抜)のエントリーモデルVLADE E01を紹介します。こちらは、ディスプレイの解像度やCPUなどVLADE V7 Liteと多くの共通部分をもつコストパフォーマンスの良いモデルです。

VLADE V7 Liteとの違いとして、1GBメモリ(RAM)、8GB内蔵ストレージ(ROM)、Android 5.1、2200mAhバッテリーといったスペック面や、指紋認証センサーがないことなどが挙げられます。ナビゲーションキーはVLADE V7 Liteと同様に画面から独立したタッチセンサー式で、「戻る」、「履歴」キーを左右にどちらに割り当てるのかをカスタマイズすることもできます。

  

カラーは写真の「ブラック」のほかに「ホワイト」があります。BLADE V7 Liteの丸みのあるデザインとはガラリと変わったフラットデザインが特徴で、人気のスマートフォンを意識したような印象でした。薄さは約7.8mm、横幅は約71mmで持ちやすく、これはサイズだけではなく側面がグリップしやすい形状をしていることも理由の一つでしょう。

背面のカメラは約800万画素で、前面のカメラは約500万画素と画素数は少なくなっていますが、この価格帯のスマートフォンの前面カメラは100~200万画素であることが多いなか、かなり頑張っていると言えます。残念ながら指紋認証センサーは非搭載ですが、パターンによるアプリケーションロック機能が搭載されています。昨今の情報漏えいスキャンダルなどもありますので、プライバシーはしっかりと守っておきたいものです。

発表会では、今回の低価格モデル2機種は「ZTEを知ってもらうことが狙い」であることが明かされました。さらに今後のハイエンドモデルの発表については「乞うご期待」とのことでした。

(文:mi2_303)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP