体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海女小屋で旬の海の幸♡はずせない伊勢志摩観光名所も!【三重】

海女小屋で旬の海の幸♡はずせない伊勢志摩観光名所も!【三重】 海女小屋アイキャッチ

2016年のサミットで一躍日本中で話題になった伊勢志摩。

その魅力のひとつが海産物の美味しさ。

今でも現役の海女さんが活躍し、新鮮な魚介が味わえます。

そんな海女さんとふれあいながら美味しい海の幸が味わえる「海女小屋」があることはあまり知られていない話。

しかも夏~初秋の時期は「アワビ」「岩ガキ」「宝彩海老」が旬を迎え、一番おいしい季節なんです。

年々旅の予約が早まっている昨今、人気の宿や観光地をおさえるなら今から計画するのがベター。

海女さんの話を聞いて、伊勢路の宿に泊まって、絶景を眺める旅。

素敵な夏の思い出ができること間違いなしですよ!

海女小屋体験施設 さとうみ庵

海女さんの話を聞きながら志摩の旬味をアツアツで!

海女小屋1 手前・海女 小磯松美さん。奥・志摩市観光協会 桝屋さん

最盛期を迎えた夏の魚介。旬味と海女の話に心躍る。

海女さんが漁で疲れた体を休め、火で体を温める海女小屋。この海女小屋を再現し、とれたての海幸を火場で焼いて食べることができます。焼くのは海女さん。

「ピチピチの海幸を焼きながら、海に潜っている時の体験談や食材のこと、志摩の風習などの話が聞けますよ」と、志摩市観光協会の桝屋さん。実はこの話が面白く、焼きたての海幸がもっとおいしくなるのです。

イキの良さ、お値打ち価格、楽しい出会い。旬を味わいにぜひ現地へ!海女小屋2 海の幸は海女さんが丁寧に焼いて食べさせてくれる海女小屋3

ヒオウギ貝、サザエの香ばしい匂いやジューシーな味にノックアウト!マジ旨い~

海女小屋4 海女さんが潜って手取りする高級なクロアワビもぜひ!(©伊勢志摩観光コンベンション機構)

●アワビ(旬:7月~8月)

三重ブランドに認定される高級食材「アワビ」。栄養満点でコリコリの食感が特徴的。これぞ、夏の滋味の王様だ。

海女小屋 アワビ

志摩や近海で獲れた海の幸を、火で炙って食べさせてくれる「さとうみ庵」。基本はサザエ、ヒオウギ貝、スルメイカ、干物の塩干しとみりん干しに、味噌汁と釜飯など。海女さんの話も興味津々。昼だけでなく、夕方も体験できると好評です。アワビはオプションで用意(要予約)。 海女小屋体験施設 さとうみ庵

TEL/0599-85-1212

住所/三重県志摩市志摩町越賀2279

営業時間/11時~15時、18時~20時

定休日/不定

料金/1名3500円(大人3名~)※2名の場合は4500円。2日前迄に要予約

アクセス/車:第二伊勢道路白木ICより50分

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy