ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~高知エリア~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~高知エリア~

高知

坂本龍馬生誕の地で四万十河と鰹のたたきが有名な「高知」。

じゃらん編集部から、「高知行ってみたいけど、どこに行こう?」という方に、ここに行ってみて! というオススメスポット50選をご紹介します。

四万十川や水が綺麗な渓谷など高知エリアならではのスポットに思いを馳せてみて。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

ひろめ市場

ひろめ市場好きなもの好きなだけ買って食べる・飲めるシステム。鰹のたたきが人気。

時代、国籍を問わないおいしいものが勢揃い!

\口コミ ピックアップ/

GW終盤の土曜日に行ったからか人がいっぱいで座れるところを見つけるのも一苦労だった。

運良く座ることもでき、ホテルの人オススメのお店でカツオのたたきをいただいた。塩とタレがあったがどちらも美味しかった。

以前から本場のカツオのたたきが食べたいと言っていた母に親孝行できて良かった。 ひろめ市場

住所/高知県高知市帯屋町2-3-1

「ひろめ市場」の詳細はこちら

桂浜

桂浜キレイな海と砂浜。龍馬像がアメリカの方向を向いて立っている。

高知市浦戸半島の先端に位置し、竜王岬と竜頭岬の間に広がる砂浜。高知県を代表する景勝地で「月の名所は桂浜」と、よさこい節で唄われる。五色の砂浜、浜辺を囲む青松が美しい。土佐闘犬センター、桂浜水族館、坂本龍馬記念館、坂本龍馬像などがある。

\口コミ ピックアップ/

高知の観光スポット、桂浜といえばやっぱり坂本龍馬ですよね!

駐車場はさびれた感じが否めないですが、

浜まで歩くときれいな景色と途中には坂本龍馬像があり、一見の価値ありです 桂浜

住所/高知県高知市浦戸6

TEL/088-823-9457

「桂浜」の詳細はこちら

日曜市

日曜市道路を封鎖して行われる日曜市。テントが日差しや雨を防いでくれる。

高知市の街路市は、遠く藩政時代の元禄3年(1690年)に開設されたといわれ、月、土曜日以外は年中市内のあちらこちらで市が開かれている。

特に高知城追手門から続く追手筋で開かれる日曜市は街路の片側にその延長1キロにおよび、野菜・日用品はもとより古物・骨とう・植木・庭石・金魚などの生きものまで並び、土佐弁のやりとりで賑う昔ながらの素朴な市で、地元の人のみならず土佐ならではのショッピングに人気が高い。

\口コミ ピックアップ/

想像以上に長く、しっかりとしたお店が沢山並んでました。1丁目~6丁目まであるので、最初に重たいものを買ってしまうと、最後まで歩くのが大変ですが、買い逃してしまうと今度は最初に戻るのが大変です。

朝早くから開いているので午前中を使うつもりで時間を取っておいた方がいいと思います。 日曜市

住所/高知県高知市追手筋一帯

TEL/088-823-9456

「日曜市」の詳細はこちら

高知城

高知城高知城。天守閣の上まで階段で上れる。

土佐の国主となった山内一豊が完成させた。城跡全域が国の史跡に指定され、県立歴史公園となっている。公園内には、山内一豊・一豊夫人・板垣退助の銅像がある。

\口コミ ピックアップ/

二十四万石の高知城ですが、追手門近くに建屋を設けている観光ガイドさんに案内をお願いすると、気がつかないような点や裏話をいろいろと聞かせて頂けます。

自分たちだけで観光するよりも、何倍も濃い観光と知識を得ることができますので超お薦めです。高知城天守・懐徳館にも専門のガイドさんがおられ、共に無料です。 高知城

住所/高知県高知市丸ノ内1-2-1

TEL/088-824-5701

「高知城」の詳細はこちら

四万十川

四万十川上流域、中流域、河口付近と風景が異なる。四国で第一位の大河。

全長196kmで四国第一位の大河です。四万十川観光遊覧船もあります。鮎、ボラ、チヌ、スズキ等がよく釣れます。

\口コミ ピックアップ/

想像以上に広大な景色で、とても気持ちが良いです。かわくだりやカヌーなどアクティビティもたくさんありましたが、ただ辺りを散歩するだけでも充分楽しめます。 四万十川

住所/高知県四万十市

TEL/0880-35-4171

「四万十川」の詳細はこちら

アンパンマンミュージアム

アンパンマンミュージアムアンパンマンはもちろん、いろいろなキャラクターが出迎えてくれる。

原画やイラストを展示したギャラリー、アンパンマンワールド・アンパンマンシアターなど。アンパンマンミュージアムのチケットで詩とメルヘン絵本館にも入館できます。

\口コミ ピックアップ/

アンパンマンミュージアムといえば子供の楽園という感じですが、高知にあるミュージアムは大きな原画など展示物が充実しており、大人も楽しい感じになっています アンパンマンミュージアム

住所/高知県香美市香北町美良布1224-2

TEL/0887-59-2300

「アンパンマンミュージアム」の詳細はこちら

わんぱーくこうち

わんぱーくこうちお子様連れにオススメのテーマパーク。動物とのふれあいも楽しめる。

2ヘクタールの池を中心に、ライオンや珍しいアルビノのマントヒヒなど動物が身近に見られるアニマルランド、遊具で遊べるプレイランドなど園内は7つのゾーンに分かれている。子どもがのびのび遊べる公園となっている。

\口コミ ピックアップ/

無料にもかかわらず、ライオン、トラ、ジャガー、くま…と猛獣がいて、モルモット、やぎ、陸ガメ、うさぎと触れ合うこともできます。

繁殖賞を多く受賞している動物園で、動物を守る、殖やすことにも熱心です。規模は大きくありませんが、動物たちが大事にされていることが伝わっている動物園です。

エサの時間や、動物ワンポイントガイドも定期的に行われていて、楽しく動物について学ぶことができます。

夏場は公園スペースの水場で水遊びができ、お座りができるようになった赤ちゃん~小学校低学年まで楽しく泳いだり、滝に打たれたりできます。 わんぱーくこうち

住所/高知県高知市桟橋通6-9-1

「わんぱーくこうち」の詳細はこちら

牧野植物園

牧野植物園1日では回りきれない広さと、植物の種類の豊かさ!

郷土の生んだ世界的植物学者牧野富太郎博士の遺業を偲ぶ植物園。博士ゆかりの植物約3000種、牧野文庫5万8千点、温室など。研究型の施設である牧野植物園内に植栽されている約3000種の植物はほとんどが野生種であり、自然志向の流れにあって、次第にファンが増えている。

花の見頃は、5月のツツジ、10月~11月の菊などであるが、多くの野生種をみることができ、通常の花の名所では味わえない楽しさがある。土佐の植物生態園、博士ゆかりの植物の庭、大温室もあり植物の美しさを満喫することができる。

\口コミ ピックアップ/

季節ごとの美しい花々が迎えてくれます。

よく手入れされていて、どの時期に訪れても新しい発見があります。

子供向けイベントや、植物画を描く、アロマテラピー、草花の育て方等々の各種教室や、夏休みやクリスマスにはその時期にあったイベントを企画しています。

植物園自体も、五台山という山にある立地をいかして、高低差のある自然の景色の中に花が自然にマッチするようにうまく配置されていて、とても癒されます。

一休みするためのベンチが多く設置されているので、のんびり休憩しながら見て回ることができます。 牧野植物園

住所/高知県高知市五台山4200-6

「牧野植物園」の詳細はこちら

仁淀川

仁淀川透明なブルーに心も癒やされるという仁淀川。

国交省の平成22年全国1級河川平均水質ランキングで、堂々の第1位に選ばれた「仁淀川」。その輝きは「仁淀ブルー」と評され、宝石のように輝きます。カヌーやラフティング、釣り、BBQなど気軽に楽しめるエリアです。

\口コミ ピックアップ/

車で川沿いをドライブしていくと、本当にブルーの川!

みとれてしまいますよ

私は、綺麗な川は各地でよく見ますが「心が澄んでいる」という例えの「澄んでいる」は、ここのことなんじゃないかというくらいに、とてもきれいで素敵な川です 仁淀川

住所/高知県高岡郡越知町

TEL/0889-26-1164

「仁淀川」の詳細はこちら

室戸岬

室戸岬自然がそのまま残されていてとてもキレイ。

室戸阿南海岸国立公園に指定されている景勝地。太平洋に突き出した岬は四国の東南端である。足摺岬と相対し、太平洋につき出ている岩礁と岬をおおう亜熱帯性樹林が見事。2kmの遊歩道が海岸にある。

\口コミ ピックアップ/

38番札所に行きました。

朝早くに着き時間がありましたので夫婦で散歩がてら灯台まで行きました。ちょうど日の出時刻で海の中からお日様が。。

なんとも言えない美しさで夫婦でしばらく見ていました。

早起きする価値絶対ありますょ。 室戸岬

住所/高知県室戸市室戸岬町

TEL/0887-22-5134

「室戸岬」の詳細はこちら

道の駅 あぐり窪川

道の駅 あぐり窪川四万十中央インターを降りてすぐにある。ご当地グルメがたくさん!

観光案内の他、四万十町窪川の特産品の販売、窪川産の農作物等の直売、レストラン等がある。

\口コミ ピックアップ/

レストランで食べれる豚丼がとっても美味!!

ボリューム満点で味付けも絶品♪

是非お試しを!!

そしてアイス工房のアイスも食後に是非!!

お腹がいっぱいでも、このアイスを食べにだけ立ち寄る方も多いそうですよ…

お土産も揃います!! 道の駅 あぐり窪川

住所/高知県高岡郡四万十町平串284-1 国道56号沿い

TEL/0880-22-8848

「道の駅 あぐり窪川」の詳細はこちら

西島園芸団地

西島園芸団地季節によりいろいろな果物や花が見られる。

ブーゲンビリヤやハイビスカス・バナナ・パパイヤなど南国の香りいっぱいのガーデンハウスとメロンなどの栽培ハウスが10棟あり中を見学できる。ハウス栽培見学は案内人がつき、ビニールハウスを周りながら説明をしてくれる。

スイカとメロンの試食のほかジャムや粕漬など加工品のおみやげもある。メロンは年中見ることができる。スイカは7月末~9月末を除く。イチゴ狩り(別途料金)は1月~6月初旬の間。いちごカフェコーナーでは、フルーツたっぷりのパンケーキやパフェなどのスイーツが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

中では季節によりいちご狩りも楽しめますが、スイカとメロンのカットフルーツやソフトクリームの食べられます。

見事なブーゲンビリアの下でゆっくりと休めます。

高知のお土産だけでなく草木の苗も安く買えるので、ちょっと覗いてみましょう。

外のスイカの形のトイレも可愛い! 西島園芸団地

住所/高知県南国市廿枝600

TEL/088-863-3167

「西島園芸団地」の詳細はこちら

桂浜水族館

桂浜水族館間近に見られるイルカ。クマノミやペンギンともふれ合える。

南四国にしか生息しない、スズキ科のアカメの展示など、館内では約250種6000尾の魚類を観賞できるほか、イルカやアシカショーも行っている。

\口コミ ピックアップ/

割り箸で海ガメに餌をあげたり手を伸ばせば届きそうなイルカの水槽。小さいからこそゆっくり近くで触れあうことができます。桂浜近くて景観も良いので子連れでなくともお薦めのスポットてす 桂浜水族館

住所/高知県高知市浦戸778

TEL/088-841-2437

「桂浜水族館」の詳細はこちら

高知県立坂本龍馬記念館

高知県立坂本龍馬記念館入口にある龍馬像。龍馬と握手ができる。

坂本龍馬の生涯と人間像を紹介する記念館。太平洋を望む桂浜公園の丘に建ち、龍馬関係の図書・出版物の収集保管の役割も果たしている。

\口コミ ピックアップ/

常設されている坂本龍馬の展示も豊富でとても素晴らしいのですが、2Fの特別展階上では季節毎に、龍馬にまつわる展示が期間限定で開催されます。今回は「海を渡った龍馬たち」が開催されていました。2017年中は改装のため閉館されますので、2016年末までに訪問しましょう。 高知県立坂本龍馬記念館

住所/高知県高知市浦戸城山830

「高知県立坂本龍馬記念館」の詳細はこちら

竹林寺

竹林寺荘厳で重みのある山門。中にはいると五十頭と本堂がある。

四国霊場第31番札所。土佐の文殊といわれ,行基が唐の五台山に似た山をさがしてここに寺を建てた。本堂などが国の重要文化財である。また高僧夢窓国師により作庭されたと伝えられる庭園は、高知県三名園のひとつに数えられ、国の名勝に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

五台山にある第三十一番札所です。五台山展望台、牧野植物園に隣接しているので、合わせての訪問がお薦めです。本殿がとても雰囲気のあるたたずまいですが、階段を上った場所にある山門も魅力です。 竹林寺

住所/高知県高知市五台山3577

TEL/088-882-3085

「竹林寺」の詳細はこちら

久礼大正町市場

久礼大正町市場市場の入口。新鮮なカツオのたたきや刺身、そのほか海の幸を堪能できる。

土佐の一本釣りで知られる中土佐町といえば見のがせないのが、この久礼大正町市場。新鮮、安い、おいしいと評判の魚と、それをふんだんに使ったくれ天は本当においしいと遠く県外から足を運ぶ人もいるほど。

市場の中にある食堂「浜ちゃん」では、鰹丼、定食メニューの他、市場で買った刺身や、干物を七輪で焼いて食べることも出来ます。

\口コミ ピックアップ/

私たち家族のお気に入りは、田中鮮魚店です。鮮魚店で買った食材は、向かいの食堂で調理してくれて、食べる事ができます。

ご飯と味噌汁のセットと一緒に頼むと、定食になります。

刺身、タタキ、干物(焼いてくれます!)がおすすめです。 久礼大正町市場

住所/高知県高岡郡中土佐町久礼大正町

TEL/0889-52-2473

「久礼大正町市場」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~愛媛エリア~
東北で春夏秋冬を味わう!おすすめグルメ「海の幸丼」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。