体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~高知エリア~

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~高知エリア~ 高知

坂本龍馬生誕の地で四万十河と鰹のたたきが有名な「高知」。

じゃらん編集部から、「高知行ってみたいけど、どこに行こう?」という方に、ここに行ってみて! というオススメスポット50選をご紹介します。

四万十川や水が綺麗な渓谷など高知エリアならではのスポットに思いを馳せてみて。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

ひろめ市場

ひろめ市場好きなもの好きなだけ買って食べる・飲めるシステム。鰹のたたきが人気。

時代、国籍を問わないおいしいものが勢揃い!

\口コミ ピックアップ/

GW終盤の土曜日に行ったからか人がいっぱいで座れるところを見つけるのも一苦労だった。

運良く座ることもでき、ホテルの人オススメのお店でカツオのたたきをいただいた。塩とタレがあったがどちらも美味しかった。

以前から本場のカツオのたたきが食べたいと言っていた母に親孝行できて良かった。 ひろめ市場

住所/高知県高知市帯屋町2-3-1

「ひろめ市場」の詳細はこちら

桂浜

桂浜キレイな海と砂浜。龍馬像がアメリカの方向を向いて立っている。

高知市浦戸半島の先端に位置し、竜王岬と竜頭岬の間に広がる砂浜。高知県を代表する景勝地で「月の名所は桂浜」と、よさこい節で唄われる。五色の砂浜、浜辺を囲む青松が美しい。土佐闘犬センター、桂浜水族館、坂本龍馬記念館、坂本龍馬像などがある。

\口コミ ピックアップ/

高知の観光スポット、桂浜といえばやっぱり坂本龍馬ですよね!

駐車場はさびれた感じが否めないですが、

浜まで歩くときれいな景色と途中には坂本龍馬像があり、一見の価値ありです 桂浜

住所/高知県高知市浦戸6

TEL/088-823-9457

「桂浜」の詳細はこちら

日曜市

日曜市道路を封鎖して行われる日曜市。テントが日差しや雨を防いでくれる。

高知市の街路市は、遠く藩政時代の元禄3年(1690年)に開設されたといわれ、月、土曜日以外は年中市内のあちらこちらで市が開かれている。

特に高知城追手門から続く追手筋で開かれる日曜市は街路の片側にその延長1キロにおよび、野菜・日用品はもとより古物・骨とう・植木・庭石・金魚などの生きものまで並び、土佐弁のやりとりで賑う昔ながらの素朴な市で、地元の人のみならず土佐ならではのショッピングに人気が高い。

\口コミ ピックアップ/

想像以上に長く、しっかりとしたお店が沢山並んでました。1丁目~6丁目まであるので、最初に重たいものを買ってしまうと、最後まで歩くのが大変ですが、買い逃してしまうと今度は最初に戻るのが大変です。

朝早くから開いているので午前中を使うつもりで時間を取っておいた方がいいと思います。 日曜市

住所/高知県高知市追手筋一帯

TEL/088-823-9456

「日曜市」の詳細はこちら

高知城

高知城高知城。天守閣の上まで階段で上れる。

土佐の国主となった山内一豊が完成させた。城跡全域が国の史跡に指定され、県立歴史公園となっている。公園内には、山内一豊・一豊夫人・板垣退助の銅像がある。

\口コミ ピックアップ/

二十四万石の高知城ですが、追手門近くに建屋を設けている観光ガイドさんに案内をお願いすると、気がつかないような点や裏話をいろいろと聞かせて頂けます。

自分たちだけで観光するよりも、何倍も濃い観光と知識を得ることができますので超お薦めです。高知城天守・懐徳館にも専門のガイドさんがおられ、共に無料です。 高知城

住所/高知県高知市丸ノ内1-2-1

TEL/088-824-5701

「高知城」の詳細はこちら

四万十川

四万十川上流域、中流域、河口付近と風景が異なる。四国で第一位の大河。

全長196kmで四国第一位の大河です。四万十川観光遊覧船もあります。鮎、ボラ、チヌ、スズキ等がよく釣れます。

\口コミ ピックアップ/

想像以上に広大な景色で、とても気持ちが良いです。かわくだりやカヌーなどアクティビティもたくさんありましたが、ただ辺りを散歩するだけでも充分楽しめます。 四万十川

住所/高知県四万十市

TEL/0880-35-4171

「四万十川」の詳細はこちら

アンパンマンミュージアム

アンパンマンミュージアムアンパンマンはもちろん、いろいろなキャラクターが出迎えてくれる。
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。