体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、3.5インチスライドキーボード端末「Transform Ultra」を米Sprintに投入

Samsungは米国時間10月24日、QWERTY配列のスライドキーボードを搭載したAndroidスマートフォン「Transform Ultra」の米Sprint向けモデルを発表しました。Transform Ultraは、Srpintが昨年発売したSamsung Transformのアップグレード版で、MSM8655 1GHz(シングルコア)とAndroid 2.3(Gingerbread)を搭載しています。Sprintは米国でWiMAXによるデータ通信サービスを提供していますが、Tralsform UltraはWiMAXには対応しません。ディスプレイサイズは3.5インチHVGA(480×320ピクセル)、512MBのRAM、2GBのROM、背面に300万画素のCMOSカメラ、前面に30万画素のCMOSカメラを搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、EV-DO Rev Aに対応。バッテリー容量は1,500mAhで連続通話時間は7時間とされています。本体サイズは 4.57×2.40×0.55インチ(116.0×60.9×13.97mm)、質量は4.9オンス(約138g)。発売時期と価格は発表されていませんが、Sprintのプリペイドブランドである米Boost MobileはTransform Ultraを$230で販売していることから、2年契約での価格は$99ではないかと予想されています。Source : Sprint Feed


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、今年度のスマートフォン販売台数を500万台超に上方修正、上期は191万台を販売
Google、Google+と連動する楽曲ストアサービスを2週間以内に開始?
Google TV 2.0のUIやAndroidマーケットの画像

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。