体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

苦手克服!ブレインストーミングの方法(前編)──エンジニアのための企画書講座vol.6

1. ブレインストーミングの基本


「ブレインストーミングでアイデアを出してほしい」と社長に言われたけれど、何をどうすればよいのやら…。人と話すのが苦手でエンジニアになったようなものなのに困った。

まずはメンバー集めだね。人数は大体4〜6人くらいがベスト。人が少ないと盛り上がらないこともあるし、逆に多すぎると一人一人がアイデアを話す時間が短くなってしまう。人数が多い場合は、チームを分けてみましょう。


司会と書記はどうすればいいの?

司会のことをファシリテーターと言うのだけど、基本的に案件について一番詳しく、企画書を最終的に書く人が担当することが多いです。ファシリテーターは、まず何についてアイデア出しをするか、最初にメンバーへ説明します。

また煮詰まってきたときに話題を変えたり、話しがそれ過ぎたときに軌道修正をするのも役目となります。書記はファシリテーターがそのままメモすることが多いかな。みんなが出したアイデアを自分で付箋などにメモするスタイルだと、書記を用意する必要はなくなります。


アイデアの内容にもよるけれど、メモするためだけに一人参加してもらうのは、確かに不効率なのでみんなでメモするのはよいかな。あと自分がブレインストーミングについて知っているところだと、人のアイデアを批判しない「批判禁止」が有名だよね!

そう!「批判禁止」はブレインストーミングをする上で、とても大事なルールです。批判を禁止するのは、みんなが臆せず自由にアイデアを出すためとよく言われているけれど、実は批判することに無駄な時間や体力を使わないためであったりします。

最終的に一つの良いアイデアを選べば、それ以外のアイデアに対して反論をする手間が省けると考えてもらえるといいです。また「判断保留」という言い方がされる場合もありますね。

なるほど、そのアイデアが実現できるかどうかは、最後に気になったものだけ検証すればいいから確かに効率的。ちなみにブレインストーミングというのは「効率的にアイデアを出す会議」ということでよいのかな?


その通り!

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。