ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

江戸時代から続くうなぎの名店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

6月16日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、栃木県黒羽町から「奥の細道」を辿って福島県白河市を目指しながら、俳人が憧れた観光名所を巡る旅の中で、秋本奈緒美さんが「丁子屋」(栃木県那須郡那須町)を訪れた。

番組内では、松尾芭蕉が旅した時代から営業を続ける、創業369年のうなぎ店と紹介され、江戸時代から継ぎ足しし続けた自慢のタレを使用した老舗の味を楽しめるという「うな重(上)」を頂くことに。

秋本さんは「うな重(上)」を食べると「ごめんなさい、とても美味しいです」と味わいながらコメント。続いて「ふわっふわです、そしてここのタレは甘くなりすぎないんです、ベタベタしてないんですね、だけどすっごく深い味がして、すごく合っている」「今日もまた素敵な歴史に出会えましたね、美味しい」と絶賛。最後に「美味しかったです、ありがとうございます。またここのうなぎを頂けるなんて、もう嬉しいです」と店員にお礼を伝え、歴史を感じる味に満足した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:丁子屋うなぎ料理店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:那須町・那須高原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:那須町・那須高原×和食のお店一覧
皮がモッチモチのスープ水餃子
閑静な住宅街で味わうスイーツ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。