ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

文字を写して外国語に翻訳!日本語にも対応したOCRアプリ「Translate Photo」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外の新聞や雑誌を読むとき、単語の拾い読みや写真で「なんとなく、こんな意味か」と想像はつく。しかし、できれば正確に内容を把握したいもの。

そんな時に便利そうなのが、OCR(文字認識)アプリ「Translate Photo」。スマホで写真を撮るだけでテキスト部分をその場で別言語に翻訳してくれるという便利ツールだ。

・日本語にも対応!44言語で読み上げも

スマホをOCRカメラとして使えるようにするアプリとしては、MicrosoftのOffice Lensや、CamScannerなどがあるが、Translate Photoの開発元は「他のアプリより文字認識の精度が高く、かつスピーディー」とうたう。

Translate Photoでは日本語を含む70言語を認識し、90言語以上に翻訳する。加えて、翻訳後の読み上げも44言語に対応する。

・海外旅行にマスト?

冒頭に例として挙げた新聞や雑誌以外にも、取扱説明書やポスター、レシピ、メニューなどでも使える。

外国語で書かれたものでわからない箇所があっても、写真を撮って認識させるだけなので、海外旅行時にダウンロードしておくと意味がわからずに困るシーンが少なくなりそう。

スキャンしたテキストは、フェイスブックやメールでシェアすることもできる。

アプリはiOS 7以降で利用できる。ダンロードは600円だが、今なら期間限定で無料となっている。

Translate Photo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP