ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イライラ、むくみの原因「梅雨だる」は乾布摩擦で解消

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道を除く全国で梅雨入りし、本格的な“雨の季節”に突入している。この時期、「だるい」「頭が痛い」「肩が凝る」「イライラする」「むくむ」などの体の不調、「梅雨だる」を訴える人が増えるという。

 ウーマンウェルネス研究会が今年3月、首都圏在住の20~50代女性334名を対象に「梅雨時期に起きる心や身体の不調『梅雨だる』の実態調査」を行ったところ、約6割の女性が梅雨の時期に体の不調を感じているという結果になった。

「梅雨だる」が起きる原因は2つある。東京有明医療大学教授で医学博士の川嶋朗さんは、こう指摘する。

「低気圧の状態が続くと、空気中の酸素濃度が減り、体は活動を最小限に抑えようと、お休みモードになります。本来、交感神経が優位なはずの昼間に副交感神経が優位になることで自律神経のバランスが乱れ、不調を引き起こすのが1つ目の理由です」

 自律神経は、交感神経と副交感神経からなる。私たちの体は、活動している時や緊張時、ストレスを感じる時に交感神経が働き、眠っている時やリラックスしている時には副交感神経が働く。この2つがバランスよく切り替えられなくなるのが梅雨の時期。

「バランスを取り戻すためには意識的な自律神経の切り替えが必要です。日中は交感神経が優位になるように、たとえば朝なら朝日を浴びたり、熱めのシャワーを浴びたりする。昼ならコーヒーや緑茶を飲んだり、軽い運動をしたりすると効果的。夜は副交感神経が優位になるよう、38~40℃のぬるめの風呂にゆっくり浸かったり、マッサージで筋肉をほぐすのもいいでしょう」(川嶋さん)

 そして梅雨だるのもう1つの理由が、梅雨ならではの高い湿度。

「汗をうまくかけず、体内に余分な水分や老廃物が滞り、全身にさまざまな症状を引き起こします。漢方医学ではこれを“湿邪”と呼びます。湿邪を改善するには、体を温め、血のめぐりをよくすること。循環ポンプの役割を果たす筋肉を刺激してあげることが大切です」(川嶋さん)

 ヘルス&ダイエットエキスパートの和田清香さんが推奨する梅雨だる解消法は「乾布摩擦」だ。

「乾布摩擦を科学的に検証したところ、まず血流量が増えることがわかりました。体中に酸素と栄養が行きわたることで、自律神経のバランスが整い、免疫力も高まります。肌をこする刺激で体が温まりますし、冷え症や慢性疲労の改善など、梅雨だる解消にさまざまな効果があります」(和田さん)

 乾布摩擦といえば、タオルで体をごしごし強くこするイメージがあるが、和田さんが実践するやり方は、乾いた布や柔らかいタオルで、撫でるようにやさしく体をこするだけ。服の上から行うのがおすすめだという。

 肩凝り、首凝りを感じている人は、小さくたたんだタオルを、鎖骨に沿って、鎖骨の下のラインを押しながら、胸の中心部分から肩側に向かってこするといい。また、冷えやむくみを感じている人は、二の腕の外側をわきの下からひじに向かってこすり、さらに二の腕の内側も同様にこするといい。

「これだけでなく、背中や脚、お腹など、気になる部位をこすってみるだけでもいいです。1か所5~10回なので、全身でも3分程度で済みます。入浴前に行えば、血行がよくなるので温浴効果も高まりますよ」(和田さん)

 ジメジメした今こそ、梅雨だるをカラッと解消しよう!

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
健康な生活をするには21時に就寝し6時起きで湯たんぽを使う
深くゆったりした呼吸で副交感神経を優位にすれば不安も解消
寝る1時間前からスマートフォンの操作しないよう医師が提言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP