ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもがなついてきて初めて可愛いと感じる?! パパになるまで時間がかかった夫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

娘が生まれた直後の入院中は、営業の仕事の合間にちょくちょく見に来て、多い時では一日3回も見に来たほどのデレデレぶりだった夫。

元々子供好きで子供からも好かれやすい人だったので、育児への協力に少し期待していました。

ところが、退院してからは、おむつ替えもできない、お風呂にも入れられない、泣いても泣きやますこともできない。

とにかく何もできませんでした。

「したくない」なら諦めもつきますが、「できない」と言うので、カチンとくることばかり。

私も初産で、わからないことやできないことだらけからのスタートで、立場は変わらないはずですが、私がやれば万事順調なので、完全に私に頼り切りの甘えたおし状態でした。

夜中に娘が泣いたら眠れないだろうと、私と娘は布団を敷いて別の部屋で寝て、夫を一人でベッドで寝てもらう、そこまでこちらが気を使っていても、

「ごめんね、ありがとね」

とは言うものの、協力する様子はありませんでした。

娘が3ヶ月の時、ついに私にも沸点が訪れました。

娘がギャン泣きしているのに、他事ばかりして、娘と私の様子を気にする素振りをみせるでもなくテレビを観続け、代わりに家事を手伝うでもなく、そんな夫の態度に遂にブチ切れました。 関連記事:育児疲れの妻もねぎらって!共感してもらえずついに爆発、大げんかに

そこからは止まらない暴言の浴びせあいでした。

娘は泣き止みましたが、結局お風呂に入れられないままケンカは夜更けまで続き、あまりに娘が可哀想で、私は遂に「離婚する」と言いました。

するとあろうことか、夫は

「だったら子供は置いていけ」

と。

「ミルクすらあげられない、おむつも替えられない、お風呂も入れられない、泣きやますこともできない。そんなあなたにこの子は育てられない」

と言い返しましたが、

「やってやるわ、そんなもんくらい!」

と怒鳴り返され、呆然としました。

私が毎日、実家の家業を手伝いながら必死に育てているのに、その必死な毎日を、

「そんなもんくらい」

と言い放った夫。

こんなにも酷い人の子供を産んでしまったのかと、娘が不憫でならない気持ちでいっぱいでした。

その日は、結婚記念日でした。

お互い冷静になってから、離婚はしませんでしたが、私の心の中にはその二文字が常にありました。

相変わらず育児も家事も協力しない夫。

でも、娘の前であんなケンカは二度としたくない。

「育児は難しいけど、家事くらいなら言ってくれたらやるのに」

とは言うものの、そこまで思ってくれるなら、なぜ自主的にできないの?と腑に落ちない点ばかりでした。

ただ、ずっと険悪な状態が続いたわけではありません。娘が少しずつ成長していき、パパを認識し始め、なつくようになってきた頃に言われました。

「ごめん、俺、ママほど赤ちゃん可愛いと思ってなかった。可愛いんだけど、俺が産んでないからかな、どう可愛いのかわからなかった。でも、今はすごく可愛い」

後で何かで読みましたが、こういう男性は多いそうです。

女性は胎児からずっと一緒ですが、男性はいきなり現れた赤ちゃんという感覚で、女性ほど赤ちゃんを最初からは愛せないそうです。

なついてきて初めて、自分のかけがえのない子供という認識が生まれるんだそうです。夫もそう言っていました。 もっと時間がかかるケースも…?関連記事:親になりきれない夫にイラッ!2人目妊娠でようやく父親らしく…

それからも相変わらずお風呂も無理、おむつも無理でしたが、いつまでもこちらが求めていることを相手が察して行動に移してくれることばかりを期待していては、自分も大変だし居心地も悪いと考えを改め、少しずつ何かを頼むようにしました。

すると夫はあの時の言葉通り、少しずつ動いてくれるようになりました。

初めは慣れない家事と育児で、頼むと少し嫌そうな、不安そうな顔をされて、頼まなければ良かったと嫌な気持ちになったことも何度もあります。

けれども、やってもらったほうが助かるのだから、私もそこは割りきって、お願いすることにしました。

今、娘はもうすぐ三歳になろうとしていますが、お風呂掃除と犬の散歩は夫の役割になりました。

休日の掃除機も率先してかけてくれますし、庭掃除や日曜大工も夫が全部してくれます。

夫は毎週末、娘と私を遊びに連れだしてくれ、素晴らしいマイホームパパになっています。

夫婦仲はとても良く、娘も素直に良い子に育ってくれています。

お互いに、初めてのことで戸惑うことや苦しいこともたくさんありましたが、今は相手の立場を思いやって、うまくやっていけています。

夫の協力を得られず苦しいなら、その苦しい胸の内を素直に打ち明け、夫の気持ちも聞いてあげ、お互いに求めているものを理解し合うことが、そして譲歩しあうことが、夫婦仲がうまくいくコツなのかなと、自分の体験から学びました。

著者:yu-ki

私39歳、夫36歳、娘2歳の3人家族

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

つわり中のメンタルはただごとじゃない!大根の煮物をめぐって夫と大喧嘩したあげく大号泣!
子ども達の前で大声をあげて夫婦喧嘩。ママをギュッと抱きしめてくれた1歳半の息子に涙
「家族で過ごす日は3カ月に1度にして」自由奔放すぎる夫の超自己中発言に唖然…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。