ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2016年3月末のMVNOシェア1位はNTTコミュニケーションズに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2016年3月末のMVNOシェア1位はNTTコミュニケーションズにMM総研は6月15日、2016年3月末における国内MVNO市場についての調査結果を発表しました。
事業者別シェアでは、OCNモバイルONEなどを提供するNTTコミュニケーションズがシェア20.6%で1位となりました。2位にはIIJmio SIMやBIC SIMなどを提供するインターネットイニシアティブ、3位は楽天モバイルを提供する楽天がランクインしました。

 2016年3月末のMVNOシェア1位はNTTコミュニケーションズに

以下、4位はU-mobileブランドなどを提供するU-NEXT、5位はBIGLOBE SIMなどを提供するビッグローブ、6位はmineoを提供するケイ・オプティコムとなりました。また、個人向けサービスだけに限定した場合、インターネットイニシアティブがシェア1位となったそうです。

2016年3月末のMVNOシェア1位はNTTコミュニケーションズに

こうした独自の料金プランで提供する独自サービス型SIMの回線契約数は、前年比65.5%増の539万4000回線となりました。同分野では2月にイオンが自社回線によるサービスを開始し、今夏にはLINEの参入が決定するなど、さらなる競争の激化が予想されており、2018年3月末の独自サービス型SIMの回線契約数は、2016年3月末の2倍以上となる1,170万回線になると予測しています。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。