体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノルウェー旅行で知っておきたい通貨の情報

ノルウェー旅行で知っておきたい通貨の情報
Photo credit:Aslak Raanes via Flickr CC

Photo credit:Aslak Raanes via Flickr CC

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はフィヨルドなどの雄大な自然で有名なノルウェーの通貨に関する情報をお伝えします。この記事を読めばノルウェーで通貨に関する心配はいらないでしょう。

ノルウェーの通貨はユーロではない!

ノルウェーの通貨はヨーロッパで広く流通しているユーロではなく、クローネ(Krone)になります。略号はNOKです。クローネの紙幣は50、100、200、500、1000クローネがあり、50オーレ(1クローネ=100オーレ)1、5、10、20クローネのコインがあります。

クローネのレートは?

レートは2016年6月3日時点で、1クローネ=13円。レートはユーロと連動して動くことが多いです。なお、ユーロとのレートは1クローネ=0.11ユーロです。レートは旅行の直前にチェックしておきましょう。ぜひ、下記のリンクからチェックしてください。資料はYAHOOファイナンスです。
クローネ(NOK)から日本円(JPY)に換算
日本円(JPY)からクローネ(NOK)に換算
Photo credit:Keisuke Asami「ノルウェー」

Photo credit:Keisuke Asami「ノルウェー」

旅行に関する税金について

全てのノルウェーの税金は説明できませんので、旅行に関連する税金を説明します。ノルウェーで商品を購入すると25%(食料品は15%)の付加価値税が加算されます。「TAX FREE」と記されたお店があれば、ぜひそこで買い物をしましょう。「TAX FREE」のお店で1日1店舗、315NOK以上の物品を購入し正しい手続きをした場合、付加価値税(最大19%)が返ってきます。

ノルウェーのチップ事情は?

ノルウェーにおいて、基本的にチップはサービス料に含まれているので必要ありません。ただし、タクシー、ホテル、空港、レストランではチップを渡す場合があります。なお、これ以外のケースでもチップを払う場面があるかもしれません。それに備えて常に小銭は用意しておきましょう。小銭の目安は10NOKが目安です。チップはもちろんですが、トイレや美術館のロッカーを利用する場合にも、10NOKが役に立ちます。

タクシーの場合

ノルウェーのタクシーは一般的に高いので、大きい荷物がある場合に利用したい公共交通機関です。平日昼間の初乗りで約46NOK。平日の17時以降は2割増となります。料金はメーター制です。基本的には、おつりの端数をチップとして運転手に渡します。荷物を運んでもらった場合は10NOKを運転手に支払いましょう。

ホテルの場合

ポーターに荷物を持ってもらった場合は15NOKを支払いましょう。ルームメイドへのチップは10NOKになります。そして、ホテルの枕には5NOKを置くようにするのがいいでしょう。ツアーに参加している場合は、基本的にチップは必要ありません。ノルウェー人自身もチップの額にはそこまでこだわりがないので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

レストランの場合

チップがサービスチャージ料に含まれていない場合は、チップを払う必要があります。目安は総額の7%~10%です。チップがサービスチャージ料に含まれている場合はチップを払う必要がありません。多くのレストランではチップがサービスチャージ料に含まれているため、あまり神経質に考える必要はないでしょう。
Photo credit:Coco Nagashima「北欧ノルウェー女子一人旅♡オスロの街をのんびり散策」

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy