ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】最先端のIoTデバイスを体験できる夢の宿泊施設!近日オープンの「&AND HOSTEL」をいち早くキャッチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宿泊しながら、最先端のIoTデバイスを堪能できる。これまでにない新しいレジャー体験を提供するスマートホステル「&AND HOSTEL」が、いよいよ8月上旬、福岡にオープンする。

導入されるデバイスは、Atmoph WindowやiRemocon、MESHなど約10種類。いずれも、テッカブルでおなじみの製品ばかり。それらを一度に体験できる幸福。アーリーアダプターにとって、またとないチャンスだ。

プランを手がけたのは、2014年創業のand factory。ベンチャーならではのフレキシブルな姿勢を武器に、さまざまな事業に取り組んでいる。取材に応じてくれたのは、Business Creatorの梅本 祐紀(うめもと ゆうき)氏。オープンまでの経緯から未来の展望まで、たっぷりと話を聞いた。

・客室内やラウンジ、あらゆる場所にIoTデバイスを設置

Q1:このような宿泊施設をオープンするに至ったのは、なぜでしょうか。その経緯について、お聞かせください。

昨今の宿泊施設不足を鑑み、新規事業として、主にインバウンド旅行者をターゲットとした宿泊施設を検討していました。

中でも(最近は)デザイン性に優れ、かつコンセプチュアルなホステルへのニーズが高まっています。(そうしたさまざまな背景から)弊社は“スマートフォンアイディアカンパニー”の強みを生かしながら、なおかつ話題性のあるものとして、IoT体験ができる“スマートホステル”に行き着きました。コンセプトは、“宿泊自体を一つの観光目的として価値創造する”です。

Q2:さまざまなIoT体験ができる「&AND HOSTEL」ですが、いろいろあり過ぎて初めての人は迷いそうです。運営側からのおすすめポイントがあれば、ぜひお聞かせください。

このIoTデバイスがおすすめ、というものは特にないのですが、「&AND HOSTEL」は室内にデバイスが複数ありながらも、共同のスペースであるラウンジにもデバイスを設置しております。

IoTデバイスはその場所ごとで役割が変わりますので、得られる体験も変わってきます。その違いや発見を楽しんでもらえると、とてもうれしく思います。

・施設の枠を超えたIoTデバイス同士の連携プラットフォームをめざす

Q3:Makuakeでは、早くも資金を達成されています。ユーザーからのこの反響について、どう思われますか。

本事業に関心をお寄せいただき、大変うれしく思います。ユーザーとしての興味、また一方でIoT関連企業の方々からの期待の高さであるとも感じています。皆さまのご期待に応えるIoT体験施設をめざしますので、どうか暖かく見守ってください。

Q4:「&AND HOSTEL」は、これからどのように成長していくのでしょうか。未来への展望について、お聞かせください。

今後は施設の枠を超えて、IoTデバイス同士を連携させた、IoTのプラットフォームをめざしていきます。

その過程として、「&AND HOSTEL」で得られたデータを、協力いただいている各企業さまおよび九州大学に提供し、各社のIoTデバイスの改善・成長に寄与するつもりです。(こうした活動を続けながら)より実際のニーズに即したIoTデバイスの実証実験、開発検証の場として根付いていければと、そう考えております。

前述の通り、多くの賛同を得るため、現在プロジェクトをMakuakeで公開中。お得な宿泊チケットや年間フリーパスなど、多彩なコースが用意されている。プレオーダーは、7月28日まで。この夏、最先端のIoTを体験してみてはいかがだろうか。

&AND HOSTEL

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP