体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新電力のメリット実感! 電気会社を変えたら500円安くなりました! 

0001

電力自由化に伴い電気会社を変えてみた。契約開始日は5月だったので検針結果が出たのは6月のこと。さて、6月になって電気代の請求額がきて驚いた。
5月の請求額より格段に安くなっていたからだ。しかし内訳を見ていると、使用量が先月よりも下がっていただけだった。また新電力の会社での割引制度が2000円も適用されていたためだった。そこで純粋に従量料金と基本料金を試算して東京電力と比較してみた。
結果、従来よりも料金が500円安くなっていることがわかった。充分お得である。
自由化といっても、本当に安くなるのか? 停電のときにはどうなるのか? と不安のある人も多いだろう。そもそも電気料金の計算はどのようにするのか?
新電力の仕組みとあわせて基本的なメリットとデメリットの概要をみていきたい。

電気の計算方法

そもそも電力が自由化する、競争のために値下がりが期待されるということ自体が今までにはなかったことだ。電気会社は選べず「変動する税金」くらいの感覚でいたはずである。そのためどのように請求されているか考えたこともない人が大半ではないだろうか。
電気の契約には実はさまざまな種別があって、アンペア契約、負荷設備契約、主開閉契約といった種類がある。負荷設備契約は設備の機器容量を合計して決定する方式で大型のクーラーなどが用いられている場合などに適用される。主開閉契約は主開閉器(漏電遮断器など)の定格電流値にもとづいて契約容量を決定する方式だ。
通常はアンペアブレーカーによる契約が一般的である。さまざまな種別があるが通常は東京電力からの検針票に「従量電灯B」または「従量電灯C」とある世帯が九割である。これ以外の種別となると新電力に変更可能かの確認が必要になる。
ここでは記者のケースをもとに例示する。記者の契約は従量電灯Bである。5月分の電気使用量は332kwhだった。契約アンペアは20A。これを東京電力では基本料金と従量料金の総和で請求される。そこに燃料調整費や再生可能エネルギー発電促進賦課金や税金がかかるのだが、これらの費用は一律で各社間で差がない費用である。そのため単純に従量計算と基本料金だけみてみよう。

従量電灯は三段階にわかれる。

第一段階の料金は120kwhまで。1kwhあたり単価が19.52円。
120×19.52=2342.4円。
同様に第二段階は120kwh~300kwhまで。1kwhあたり単価が26.00円。
180×26.00=4680円。
第三段階は300kwhを超えた使用量となる。単価は30.02円。
32×30.02=960.64円。
第一から第三段階の料金の総和7983.04円に基本料金の561.60円を加算する。
つまり計8544.64円となる。

さて、記者が利用したのはエネオスでんきである。
エネオスでんきは実は計算方法を東京電力と同じくしており、メリットは第二段階と第三段階の単価が安くなること。
第一段階は単価20.76円と割高だが、第二が23.26円、第三が25.75円。
使用量が多い世帯ほど安さを実感できるしくみになっている。
記者の場合は都合8063.6円。
単純計算でみれば500円ほど値下がりする効果がみられた。
2000円の値引きもついて割安感はかなり得られた。

電気会社変更のポイント

新電力の検討におけるポイントは、まず現在の使用量と料金プランと契約電流を把握することだ。特に契約電流は必須で、新電力に変更できない契約方式も中にはある。
使用量が少なければ変更するメリットがない場合もある。
また、特に注意されたいのはオール電化やピークタイムシフトなど時間帯ごとに安くなるプランを採用している場合。例えば料金一律体制の会社ではかえって割高になってしまう可能性もある。
そして会社ごとに特典を用意していることもあるので、どれが自分に適しているか比較してみるのもいいだろう。特徴的な会社ごとの特典を挙げてみよう。

東京電力…電気の駆けつけサービス、Tポイント還元など。
東京ガス…ガス・電気セット割、トリプル割など。
エネオスでんき…ガソリン代が安くなるエネオスカード割、Tポイント還元、長期割引。
auでんき…スマートフォンとのセット割でWALLETカードへのキャッシュバック。
ソフトバンク…スマートフォン代が安くなる、Tポイント還元。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。