体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅で大事なことは偏見を捨てること。メキシコで感じた人々の心の温かさ

旅で大事なことは偏見を捨てること。メキシコで感じた人々の心の温かさ
【メキシコ・ティファナ旅行記】サンディエゴから半日観光!美味しいレストラン・行き方

【メキシコ・ティファナ旅行記】サンディエゴから半日観光!美味しいレストラン・行き方

Compathy Magazineライターの、毎月世界を旅するトラベラーKANAです。

「あの国は一人で行くと危ない」

日本において、そのように危なそうなイメージがついている国は多々あるように思えます。

例えば、東欧。昨年の夏、私は一人でアドリア海沿いの東欧の国々、スロベニア・クロアチア・セルビアを旅しました。東欧行きを家族や知り合いに話す度に、決まって言われた言葉。それは「東奥って危なそう。一人で行くなんて大丈夫なの? 治安悪いっていう噂だけど…」 このように返されるのがほとんどでした。

でも実際は…? 実際の東欧諸国はとても治安が良く、日本と同等かそれ以上。夏の時期だと街の中心部は深夜まで賑わいを見せ、0時を越えても女性一人で歩けるほど安全でした。

このように行ったことがないのにも関わらず、日本に浸透しているイメージだけで「危ない」と思われている国はたくさんあると思います。それだけならいいのですが、「危なさそう」というイメージから渡航を止めてしまったり、偏見を持ってしまうのは非常にもったいないことだと感じます。

昨年の東欧の旅で、日本でのイメージが実際の国の実態とは異なるということを身を持って経験した私ですが、今度はメキシコでも同じような境遇に合いました。

怖いと言われていたメキシコ。でも実際は?

【メキシコ・ティファナ旅行記】サンディエゴから半日観光!美味しいレストラン・行き方

【メキシコ・ティファナ旅行記】サンディエゴから半日観光!美味しいレストラン・行き方

カリフォルニアの最南端のビーチタウン、メキシコとの国境に位置するサンディエゴを訪れる機会があり、半日でメキシコを観光できると知った私は「どうしてもメキシコに行きたい!」と思い立ち行く気満々に。

しかしそのことをカリフォルニア在住の友人達に話す度に、「危ないから絶対に一人で行くな」「絶対誰かに連れていってもらって」と、誰もが口を揃えてそう言うのです。

そう何度も言われた結果、「メキシコってそんな怖いのかな。物とか盗まれるのかな。どんだけ悪い人達がいるんだろう?」と思っていました。そんなこんなで現地の友達が連れて行ってくれることになり、迎えた当日。サンディエゴから無事メキシコに入国し、国境付近の観光地ティファナのメインストリートへ。「絶対ぼられないように、盗まれないように…」と警戒していたのですが、なんとビックリ。そこで出会ったメキシコの人々はイメージとは違い、とても心が温かかったのです。

心温かなメキシコの人々との出会い

【メキシコ・ティファナ旅行記】サンディエゴから半日観光!美味しいレストラン・行き方
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。