ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

故川島なお美さん 5千万円の墓にはロマネコンティ像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 梅雨の合間の突き抜けるような青空の下、参列者のワイングラスに注がれたのは「Chateau Le Pin POMEROL」の1992年物。年間8000本ほどしか生産されない希少な赤ワインで、1本40万円前後とされる。

「墓前には白菊ではなく真っ赤なバラ、それに参列者で一緒にワインを飲む納骨式は初めてでした。でもそれって川島さんを偲ぶのにはぴったりだなって」(参列者の1人)

 350年の歴史がある東京・麻布十番のある古刹。6月10日、昨年9月24日に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)の納骨式が執り行われた。

 参列者はおよそ50人。夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(50才)のほか、川島さんの親族、愛犬のココナッツ、そして生前親しかった山田邦子(56才)や作家の林真理子氏(62才)、作曲家の三枝成彰氏(73才)など。彼女が憧れていた女優の倍賞千恵子(74才)は挨拶で、「これからもっと親しくしたかったのに、私よりも若くておきれいな川島さんが先に逝ってしまうなんて…」と言葉少なに故人を偲んでいた。

 納骨式でひときわ視線を集めていたのは、個性的な墓石だった。

 鏡のような輝きとともにそびえ立つ黒い石の塔には丸く大きな穴が空いている。その竿石のてっぺんには、今脱いだばかりのように見えるつばの広い帽子がデザインされ、さらに、石塔の手前には、川島さんが愛したワイン「ロマネコンティ」の1960年物(川島さんの生まれ年)のボトルが精巧に作られている。

 香炉が乗った石の台には『YOROIZUKA』の文字と共に、ワイングラスを握った2匹の犬が、仲がよさそうに顔を寄せ合っているイラストが刻まれている。それはおそらく、参列したココナッツと、彼女が亡くなる直前にこの世を去った愛犬シナモンだろう。

「鎧塚さんがデザインしたそうです。当日の挨拶でも、“亡くなった後も女優としての魂を大切にしているので、こういうお墓を作った”とお話しされていました。普通の墓石なら1か月ほどでできるそうですが、鎧塚さんはデザインを何度も修正し、職人が手作業で石を彫り込んだので、発注から完成まで4か月以上かかったそうです」(夫婦の知人)

 一般に納骨は四十九日の法要の後に行われるが、川島さんの場合は9か月も要した。

 最愛の妻とまだ離れたくない、側に置いておきたい、そして美しい妻らしいお墓に入れてあげたいという鎧塚氏の思いが、墓石へのこだわりと長い制作期間に繋がったのかもしれない。

「このお寺のお墓の1区画は1m×1m。川島さんの場合はそれでは狭かったので、1.5区画を使っています。永代供養料や年間管理費を合わせると1000万円を超えます。それに墓石の額を加えると、費用は5000万円近くになるのではないでしょうか」(寺院関係者)

 この寺を永遠の眠りの場として選んだのは川島さん自身。親交のあった奥田瑛二・安藤和津夫妻や三枝氏がここに墓を持っていることから、死後も“墓友”として近くで過ごせるよう、購入を決めていたそうだ。

「川島さんは生前、鎧塚さんと一緒に下見をしていました。それから、このお寺は春になると桜がきれいなのですが、その時期に奥田さん夫妻と一緒にお花見を楽しんでいたこともあり、楽しい思い出のあるここを選んだのでしょう。生き残った側が、先に亡くなった側にお線香をあげて供養したり、お墓の掃除もしたりしようという話もされていたそうです」(別の寺院関係者)

「もし私が先に逝ったら、墓石にワインをかけてね」と“墓友”に語っていたという川島さん。天国に届いた芳醇な赤。生前の元気な彼女が目に浮かぶ。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ
川島なお美と夫・鎧塚英彦氏 シャンパングラス手に見つめ合う
夫・鎧塚俊彦氏の失明危機に川島なお美、手料理でサポート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。