ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍晋三首相 開店4年で昭恵夫人経営の居酒屋初訪問

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 結婚記念日はバースデーイブ──6月9日、安倍晋三首相(61才)・昭恵夫人(54才)は、29回目の結婚記念日を迎えた。同月10日生まれの昭恵夫人にとって誕生日の前日にも当たるその夜、お祝いの場に選んだのは昭恵夫人が経営する東京・神田の居酒屋「UZU」だ。

 昭恵夫人が店をオープンさせたのは2012年10月。当初、夫は開店に反対したが、「1年経って赤字なら店は閉める」という約束で夫を説得。蓋を開けてみれば、今や予約殺到の人気店になっている。安倍首相が店を訪れたのは、この日が初めて。

「反原発団体の集会所になったり、何かと話題の場所ですから首相の足がなかなか向かなかったのは事実。それに奥さんの店で飲食したら、舛添さんみたいに公私混同といわれかねない(笑い)。でも昭恵さんはずっと来てほしいと思っていたんです。念願が叶って、とても喜んでいました」(永田町関係者)

 親しい友人を交え、完全貸切でセキュリティーはバッチリ。日替わりで壁に掲げられる「今日の名言」には安倍首相の父・晋太郎氏のこんな言葉が選ばれた。

《日本人は、ものをはっきり言わないという面がマイナスになっていることが多いから、言うべきことは言わなければいけない。率直に言うことが本当に相手に伝わることなのだ》

 安倍首相の地元・山口県の地酒を豊富に揃え、料理も絶品と評判の同店。

「この日は、29(ニク)回目の記念日にちなんで、肉料理が振る舞われました。焼肉が大好きな安倍首相ですから、喜んだでしょう」(全国紙政治部記者)

 結婚29年目でも記念日をしっかり祝ってもらえる“愛され妻”である一方、昭恵夫人は嫁としての務めもしっかりと果たしていた。結婚記念日から2日後の11日、安倍夫妻は都内屈指の高級フレンチ店「ジョエル・ロブション」にいた。

「安倍さんの母、洋子さんの米寿を祝う会が開かれました。“政界のゴッドマザー”といわれる洋子さんを慕う人は多く、財界人や自民党議員、テレビ局に勤務する安倍さんの甥っ子などが集まるにぎやかな会でした。洋子さんも88才とは思えないほど元気な様子で、出席者に挨拶して回っていたそうです」(前出・永田町関係者)

 家庭内野党を自称する“奔放すぎるファーストレディー”も、この日ばかりは“政権寄り”でした。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
安部首相が結婚式のスピーチでドッと沸かせる得意のフレーズ
焼きそば作り得意と豪語の安倍首相 手際よかったと記者証言
安倍晋三氏の妻・昭恵さんの居酒屋 予約とりづらい人気店に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP