ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中日・小笠原道大二軍監督「勝負に勝てる若手を育てたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球は勝つことが最終目標。しかし少し事情が異なる組織がある。それが二軍だ。一軍選手の調整、故障者のリハビリに、若手の育成。これを成績と両立させる。その難題に今、往年の名選手が挑んでいる。

 中日は、“ガッツ”の愛称で親しまれた小笠原道大氏が今季から指揮を執る。二軍に求められるものは勝利か育成かという問いに、こう答えた。

「勝負事ですから、まず勝ちに行くことが大前提です。個人のレベルアップも必要ですが、試合に勝つことを目指すのも育成だと考えます。

 だから漠然とではなく、すべて試合を考えて練習をさせている。勝負に勝てる強さを持つ若手を育てたいし、僕自身も自分がまだ知らない野球の一部分が発見できたらいいな、と」(小笠原監督)

 昨年10月、バットを置いた直後に、宮崎のフェニックスリーグで指揮官デビューした。最初は監督要請に「どうしようと悩んだ」という。

「指導者経験もないし、投手を含めた全体を見ないといけないですから。一方で要請に応えたい気持ちもあった。経験豊富なコーチがいるし、そこから吸収して指導者としての自分を高めようと決意しました」(同前)

 練習では小笠原監督が選手に直接指導するシーンもあったが、

「指導はコーチに任せているので、原則、見ているだけです。選手が戸惑わないため、助言したら情報をコーチと共有しています。

 目指す監督像ですか? こうなりたいと決めると偏ってしまう。まっさらの状態でスタートし、成功や失敗をくりかえしながら色んなものを吸収したい。結果、誰かに似てしまうかもしれないが、最初から誰かを目指すつもりはありません」(同)

【おがさわら・みちひろ】1973年、千葉県出身。1997年に日本ハムに入団。豪快なフルスイングを代名詞に、巨人、中日でも活躍。2000本安打を達成し、2004年アテネ五輪、2006年・2009年WBC日本代表に選出された。2015年に引退。生涯成績は.310、378本塁打

●取材・文/鵜飼克郎 撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
【プロ野球コーチの役割】ヘッドコーチ編 監督退場時は代役
【プロ野球コーチの役割】打撃コーチ編 拘束時間は最長に
【プロ野球コーチの役割】バッテリーコーチ編 内容濃い仕事

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP