ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「風刺漫画」に見るSNS依存症。本当のつながりって、なに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気になりすぎて、リアルなコミュニケーションに弊害が出ることを表現するもの。「phone(電話)」と「snubbing(無視する)」を掛け合わせた造語と言われています。

ロンドンに拠点を置くイラストレーターのJoe Stone氏は、いわゆるこの“コミュ障”というものを、漫画でシニカルに風刺しました。見ると、思い当たる節もあって、ちょっぴり切なくなるかもーー。

01.
『AN ETERNITY WAITING FOR YOU』

(ずっと、キミを待っている)

男:「ねえ、週末どっか遊びに行かない?」

10年後:…
30年後:…
50年後:…ピン♪

女:「No!」

02.
『RECURSION』

(堂々巡り)

男:Facebookチェックしなきゃ。退屈しのぎだ。

(…閲覧中…)

男:なんもないなー。ヒマすぎる。どうしよっかなー。

(…その後。)

男:Facebook見なきゃ。退屈しのぎだ。

(…閲覧中…)

男:なんもないなー。ヒマすぎる。どうしよっかなー。

03.
『THE TRUE FACE EMOTION』

(本当の表情)

男:「やばい、この動画見た?面白すぎる」。

女:「(笑)なにコレ、今までで一番かも」。

男:「涙出るよね」。

04.
『MULTITASKING』

(同時進行)

男「今日マジ面白かったんだけど、会社行く途中でさヘンな男が通りっ」。

 (ピン♪)

 

 「あ、ゴメ。ちょっと返信しちゃうね」。

 (…返信中…)

 

 「でね、通りを渡ろうとしてたんだ」。

 (ピン♪)

 「あー、ちょっと待ってね」。

 (…チャット確認中…)

 「あははははは!」。

 「いや、これマジで面白くて…」。

 「えっと、それでね、そのヘンな男が通りを渡ったんだよ。でさ、コッチを向いてこう言うんっ」

 (ピン♪)

女「…」。

05.
『NEVER ALONE』

(独りじゃない)

男「インターネット上にあるすべてが手のひらにあるんだ。孤独を感じるなんて無理!」。

Licensed material used with permission by Joe Stone

関連記事リンク(外部サイト)

あなたの体にも・・・スマホの使いすぎで起こりうる「4つのトラブル」
講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)
【世界初!?】あなたがSNSで「どう見られているか」が分かるサービス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP