ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カップルにおすすめ!【滋賀】で楽しむデートスポット20選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の中のほぼ中央にあり、自然はもちろん歴史文化も多い滋賀。

琵琶湖に面することから湖国と呼ばれ貿易基地として発展、現在では先進的な環境保全に注目の集まる県です。

じゃらん編集部では、全国のカップルから寄せられた情報から、滋賀のデートスポットを徹底調査。定番から穴場まで全20スポットを紹介します。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

彦根城

大人気のひこにゃんは毎日3回、天守前や博物館前に登場。ぜひ会いに行こう

表御殿を復元した彦根城博物館、周遊式庭園の玄宮園、お堀を周遊する屋形船など見所多数。彦根城博物館の能舞台では、コンサートが行われることもあり文化発信基地としても。桜や紅葉の季節は多くの人で賑わう。

\口コミ ピックアップ/

桜の時期に行きました!とっても綺麗でした。彦根はちょっと寒いので名古屋や京都の桜が終わってもまだ楽しめました。町並み散策もいいですし、ちょっと足を伸ばして長浜へ行ってもいいですしね。

ひこにゃんショーのゆるさには非常にびっくりしましたが、あのテンポでしたら先に来た人が譲り合ってあの場にいた皆さんがひこにゃんを堪能できました。その点ではよく考えられたショーだなぁと思いました。写真撮り放題ですね。 彦根城

住所/滋賀県彦根市金亀町1-1

TEL/0749-22-2742

「彦根城」の詳細はこちら

夢京橋キャッスルロード

慶長8年の彦根城築城とともに作られた歴史ある城下町の1つ

彦根城見学の後は、すぐ近くの商店街で、甘味や食事処を訪れてみて。夢京橋キャッスルロードの北に位置する京橋や彦根かるたをデザインしたレリーフ、大正ロマン漂う四番町スクエアなどの散策もおすすめ。

\口コミ ピックアップ/

趣ある街並が再現されていて、城下町に来たようで歩いているだけでも楽しかったです。定休日は店舗によって異なりますが、火曜日に行ったらお休みの店舗が多かった気がします。食事もお土産も何でもここで揃います。ひこにゃんグッズもたくさんありました。 夢京橋キャッスルロード

住所/滋賀県彦根市本町

TEL/0749-22-1411

「夢京橋キャッスルロード」の詳細はこちら

黒壁スクエア

古い町並みのなかで、伝統や新しいアート、自然の豊かさを楽しめるエリア

お散歩デートならレトロモダンな黒壁スクエアがおすすめ。明治時代の銀行を改装した「黒壁ガラス館」を中心に、雰囲気のあるショップやレストラン、カフェがひしめく。ガラス吹きやステンドグラスの体験教室もある。

\口コミ ピックアップ/

無料マップを手に歩くと効率が良い。素敵なガラスのアクセサリーがチープなものからお高いものまで沢山有って・・・・・

女子はそこから離れられなくなります。

食べ歩きも楽しみのひとつ。近江牛の肉まん、麩まんじゅう(お茶とのセット有)お豆の店では数種類を試食しまくり!

フィギユアの海洋堂では精巧に作られた一体一体に見惚れてしまいます。時間を忘れて・・・・・

休日は大勢の観光客でごったがえしています。マイカーの方は駐車場がかなり少ないので要注意です。 黒壁スクエア

住所/滋賀県長浜市元浜町12-38

TEL/0749-65-2330

「黒壁スクエア」の詳細はこちら

伊吹山

なだらかな芝が広がる山肌では、パラグライダーの体験も可能

伊吹山ドライブウェイで9合目までらくらく到着。恋愛祈願・良縁成就の「恋慕観音像」があり、恋人たちの聖地。来訪記念に心を繋ぐハートロックキーを是非残して。23種類の薬草が入った伊吹薬草ソフトもおすすめ。

\口コミ ピックアップ/

花の名山。伊吹山の有料道路を上がって駐車場。降りると登山道で山頂に向かいます。登山道はお花が咲き乱れていました。なでしこ、ゆりなどなど。とてもきれいで癒されました。山頂では琵琶湖も見えて景色も素晴らしい。 伊吹山

住所/滋賀県米原市上野

TEL/0749-58-2227

「伊吹山」の詳細はこちら

クラブハリエ ジュブリルタン

スペイン製の石窯やオーブンで焼き上げられる個性豊かなパンが並ぶ

フランス語で「時間を忘れる」の意味を持つパン専門店。敷地内にはパン工房・ショップのほかカフェなども。湖面を渡る涼風を感じながら朝食や、ランチ、ティータイムにとさまざまな使い方ができる。

\口コミ ピックアップ/

クラブハリエのパンを食べ放題のレストランがあるというので妻とランチを食べに行きました。

数種類のランチメニューの中からビーフシチュー(?)を選びました。

大きな肉がゴロゴロ入っていてとてもおいしかったです。

パンももちろんおいしかったですよ。

レストランは2Fにあり窓からは琵琶湖を見ることができます。残念ながら窓際の席には座れませんでしたが、座った席からも波打ち際は見えました。 クラブハリエ ジュブリルタン

住所/滋賀県彦根松原町1435-83

TEL/0749-21-4477

「クラブハリエ ジュブリルタン」の詳細はこちら

柳が崎湖畔公園

バラをはじめ、四季折々の花々が楽しめるイングリッシュガーデン

メイン施設は、昭和9年建築のホテルを保存改修した「びわ湖大津館」。景色を楽しみながら食事ができるレストランもある。ウエディングも行われているので、運が良ければ挙式風景が見れるかも!

\口コミ ピックアップ/

びわ湖大津館に隣接する約5900ヘクタールに広がるイングリッシュガーデンに約10万球のイルミネーションによるライトアップへ出かけました。

大輪のバラをイメージしたイルミネーションの回廊とガーデンの背景に広がるびわ湖の夜景が素敵です。

私が訪れた夜は人もまばらで宵闇に浮かぶ大輪のバラのイルミとびわ湖の夜景を独り占めでした。

派手なイルミではないけれどゆったり夜散歩を楽しめます。

隣接するびわ湖大津館で無料のホットローズティーをいただきました。 柳が崎湖畔公園

住所/滋賀県大津市柳が崎5-35

TEL/077-511-4187

「柳が崎湖畔公園」の詳細はこちら

びわこ花噴水

ライトアップされた噴水が一斉に吹き上がり、まるで水上花火のよう!

ただの噴水と侮るなかれ、琵琶湖の一大エンターテイメントがココ。通常では日中は12時から、夜は18時か19時から始めるので、時間を合わせて見に行こう。夏祭りなどのイベント時にも見ることができる。

\口コミ ピックアップ/

ライトアップも、昼間のシンプルな噴水もきれいです。あまり知られていないけど、規模が大きくて迫力があります。湖畔からだけでなく、近くの商業施設からも見えるので、夜に食事しながら窓から噴水を眺めることもできます。空気の澄んだ秋冬はとくにきれいです。 びわこ花噴水

住所/滋賀県大津市大津港地先

TEL/077-521-6016

「びわこ花噴水」の詳細はこちら

三井寺力餅本家

源義経の家来・武蔵坊弁慶の怪力にちなんで作られた銘菓

誰もが知ってる三井寺力餅だけど、出来立てはまた格別!本家には店舗内の喫茶コーナーもあり、できたての力餅をゆっくり食べることができる。2階には、素朴でユーモアにみちた庶民の芸術・大津絵のギャラリーも。

\口コミ ピックアップ/

昔からここの力餅が大好きで、お餅もおいしいのですが、残った緑のきな粉と少し固まった砂糖をスプーンですくって食べるのも好きです。先日は初めてイートインしましたが、落ち着いた雰囲気で良かった。また行きたいです! 三井寺力餅本家

住所/滋賀県大津市浜大津2-1-30

「三井寺力餅本家」の詳細はこちら

なぎさ公園

休日には散歩、サイクリング、バス釣りなどで賑わう市民の憩いの場

気持ちよく晴れた日には公園デートはいかが?季節ごとに咲く花や琵琶湖を背景にゆったりとした時間を過ごせる。歩き疲れたらおしゃれなカフェやレストランが並ぶ「なぎさのテラス」で休憩しよう!

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖沿いの素敵な公園です♪

ジョギングしている人がいたり、ゆったりと散策している人がいたりと、とても落ち着く事の出来る場所です(^-^)

ここからの琵琶湖の眺めも、とっても気持ちがいいです。

ゆったり過ごせるいいスポットです(^-^) なぎさ公園

住所/滋賀県大津市島の関~晴嵐1丁目までの湖岸

TEL/077-527-1555

「なぎさ公園」の詳細はこちら

日牟禮ヴィレッジたねや

地元近江のうるち米で粒餡を包んで焼いた「つぶら餅」はここだけの限定販売

八幡山のふもとにある日牟禮八幡宮の敷地内にあり、参拝・散策帰りの休憩にぴったりのスポット。美しい境内を眺めながら食事ができるカフェや売店がある。限定の「つぶら餅」を作るところを間近で見れるのも楽しい。

\口コミ ピックアップ/

近江八幡観光中にふらっと立ち寄りました。

お土産でも…と物色していたら焼きたてのつぶら餅に吸い寄せられ…。

まるでたこ焼きのようなお餅とお皿の舟。

可愛くて美味しくて縁側で小豆茶と共に

頂きましたが、幸せでした。

ここに来たら外せない立ち寄りスポットでしょう。 日牟禮ヴィレッジたねや

住所/滋賀県近江八幡市宮内町 日牟禮ヴィレッジ

「日牟禮ヴィレッジたねや」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~愛媛エリア~
東北で春夏秋冬を味わう!おすすめグルメ「海の幸丼」
カップルにおすすめ!【徳島】で楽しむデートスポット20選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP