体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~愛媛エリア~

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~愛媛エリア~ 愛媛

3000年の歴史を持つ道後温泉をはじめ、宇和島・今治など美しい自然も豊富な「愛媛」。

じゃらん編集部から、「愛媛行ってみたいけど、どこに行こう?」という方に、ここに行ってみて! というオススメスポット50選をご紹介します。

文人に愛された愛媛エリアならではのスポットに思いを馳せてみて。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

松山城

松山城城まではリフト(随時)、ロープウェイ(10分おき)、徒歩を選べる。

松山のほぼ中心、勝山山頂に建つ名城。標高132mの勝山の山頂に佇み、市内のほとんどの場所から目にすることができる。姫路城・和歌山城とともに、日本三大連立式平山城の一つとして数えられている。慶長7年(1602年)に賎ケ岳七本槍の1人加藤嘉明によって、築城が開始され、20年以上かけて完成。

\口コミ ピックアップ/

愛媛に行ったら、松山城!と思いつく位、行って見たかった所の一つ。連休中は非常に混んでます。天守には残念ながら、入り口にかなり人が並んでいる上に、一度入ったら1時間以上は出れないと言われてしまって、この度はリフトで上まで行き、回りを少し散策しました。森に囲まれ、市街からは全く見えませんが、近くで見ると大きいですね!

ロープウェイとリフト値段も同じで、どちらの利用可能ですよ!と言われて、行きはリフト帰りはロープウェイにしました。リフトは揺れる上に安全ベルトも無いので、小さなお子さんがいる方には早く着くロープウェイがいいと思います! 松山城

住所/愛媛県松山市丸之内

TEL/089-921-4873

「松山城」の詳細はこちら

道後温泉本館

道後温泉本館日本三古湯の一つといわれる道後温泉。

道後温泉本館 道後温泉のシンボルとして存在。明治27年に建築された三層楼のどっしりしたもので、平成6年12月国の重要文化財に指定された。近代的なホテルや商店街の中にあって、ひときわ風格ある姿を誇っている。 周囲のホテル・旅館に泊っても、手ぬぐい片手にわざわざ入りにくる観光客が多い。

ここには毎朝一番風呂に入ろうと、時を告げる太鼓の音を待ち構えている地元の人の伊予なまりを聞きながら、のんびりお湯に浸るのも、旅情が感じられていいもの。入浴コースには4種類あるが、神の湯2階席は55畳の大広間に案内され、ゆかたを貸してくれ、湯上がりには炭火で沸かしたお茶が、天目茶碗にのせられた砥部焼きの湯飲みで出てくる。

また、皇室専用の浴室又新殿や、夏目漱石ゆかりの「坊っちゃんの間」の見学ができる。6:00~23:00(札止め22:30)入浴コースによって異なる。年末に掃除のため1日のみの臨時休館。tel(089)921-5141。無休。道後温泉駅から徒歩5分。ミシュランガイドブック3ツ星獲得。

\口コミ ピックアップ/

道後温泉は日本でも最古の歴史を有する温泉で、本館のたたずまいからもいたるところで歴史を感じることができます。夏目漱石や正岡子規が松山に在住中によく足を運んだ温泉としても知られています。

ここは宿泊はできず立ち寄り湯のみですが、温泉の泉質はさらっとしていてとても肌触りがいいものでした。タオル、石けんなどは貸し出しがありますが、持参するのがおすすめです。 道後温泉本館

住所/愛媛県松山市道後湯之町5-6

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy