体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東北で春夏秋冬を味わう!おすすめグルメ「海の幸丼」

東北で春夏秋冬を味わう!おすすめグルメ「海の幸丼」 絶品グルメ4番勝負 海の幸丼

今さらですが、東北には美味しいものがいっぱい!

三方を海に囲まれた東北は、四季を通じて海の幸に恵まれたエリア。

そこで、季節とともに移り変わる「旬のネタ丼」を春から順番に紹介します。

どれもおすすめしたい、絶品丼を揃えました!

1.お食事処 広〆【青森県深浦町】

サザエを咀嚼する「コリコリ」音が店内に響くくらい歯応え抜群。

さざえちらし 1600円

お食事処 広〆 カレイのから揚げ、つるつるわかめ、漬物、味噌汁付き。漬物と味噌汁だけが付いた「さざえ丼」1100円もある。どちらも酢飯は握り約10カン分で満腹感も十分。仕入れ量が不確定なので3日前までの予約がおすすめ

販売期間 通年(7月~8月は貴重な久六島産!)

お食事処 広〆\サザエに関するエトセトラ/

深浦のサザエは波が荒い所に棲んでいるので身が締まっています。特に深浦沖の久六島で獲れるものは食感が抜群なんですよ。

(店主/竹越広昭さん)

お食事処 広〆 小上がり、座敷、カウンターで50席。座敷は襖で個室になり、4室まで対応可

深浦港からその日に仕入れた魚介をメインに使う店で、サザエもまたしかり。単に硬いだけではなく、プリップリッとした弾力を併せ持つ食感も新鮮さの証しだ。食べた時に口の中に広がる磯の香りと、貝特有の旨みと、酢飯とのコンビネーションも魅惑の味わい。

\こちらもおすすめ/

6月~12月はマグロ、12月~2月はブリ、12月~5月はヤリイカなど、時期によってネタが変わる「海鮮丼定食」1600円 お食事処 広〆(ひろしめ)

TEL/0173-74-2255

住所/青森県西津軽郡深浦町深浦岡崎146-2

営業時間/11時~19時LO、12月~3月は~18時LO

定休日/不定、12月31日、1月1日

アクセス/東北道大鰐弘前ICより1時間10分

駐車場/10台

「お食事処 広〆」の詳細はこちら

2.魚喰いの大間んぞく【青森県大間町】

販売はマグロ解体ショー直後だけ!という新鮮かつレアな1杯。

マグロ中落ち丼豪快盛り! 2000円

魚喰いの大間んぞく いかの酢味噌和え、たこの頭の刺身などの日替わり魚介小鉢2品、漬物、味噌汁付き

販売期間 7月~12月の土日祝(マグロ解体がある日のみ、要問合せ)

魚喰いの大間んぞく\マグロに関するエトセトラ/
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。